つぶやきkeibo

アクセスカウンタ

zoom RSS 恵方巻き

<<   作成日時 : 2017/02/05 09:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今年の方向は北北西だそうだ。
太巻き寿司を丸かぶりするこの習慣は
いつ頃、どこではいつも話題になる。

関西地方で大阪商人の商売繁盛から
京都の花街でなどが一般的な諸説ときく。
恵方とは歳徳神のことで、その年の福徳を司る神様が
いる方位をいう。
福徳を願うのだから、願い事はなんでもいいのだが
太巻きを食べることを祈願祭として始めた取り入れた
とされる神社が近所にあったのだ。
その神社は「磐裂根裂神社(いわさくねさくじんじゃ)」という。
毎年、節分祭のときに太鼓の音に合わせ、福巻寿司(恵方巻き)を
一気に食べるという祈願祭である。
今から十七年前のこと。
地元の名産、かんぴょうなど五種類の具材を太巻きにする。
発祥の地というと大袈裟かもしれないが、
境内には恵方神社もあり、方位を示す円盤がある。

恵方巻きの具材は様々で、価格も百七十円から千八百円と幅広い。
勿論、具材の種類、普通サイズの半分のもある。
恵方巻きは切らずに、黙ってかぶりつくのがよいとされる。
節分の豆は歳の数だけ食べる、恵方巻きはまるかぶりとなると
年寄はキツイ作業だ。
いずれにしろ、福を呼びこみたいのは皆同じ願い。
翌日、残した普通の大きさの恵方巻きは
ノルマとして家族で切って食べつくした。

画像




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
恵方巻き つぶやきkeibo/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる