アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「観劇」のブログ記事

みんなの「観劇」ブログ

タイトル 日 時
八月納涼歌舞伎
新しくなった歌舞伎座は初めてである。 現役時代、歩いて二分程度に会社があったので 歌舞伎座をよく眺めていたから懐かしい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/19 14:19
ノートルダムの鐘
ノートルダムの鐘 劇団四季、ノートルダムの鐘の追加公演の チケットが抽選であたった。 来年の公演まで諦めていたのでラッキーだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/27 08:59
五木ひろしコンサート
歌手のコンサートに行く機会ほとんどないのだが どういうわけか妻が娘に頼んで チケットを購入した。五木ひろしコンサートである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/24 14:13
立川談春の独演会
なかなかチケットがとれない落語家のひとり。 一般発売前の予約抽選でチケットがあたった。 前から三番目やや中央左のいい場所だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/21 10:32
抽選チケットが当たった
劇団四季のミュージカル、ノートルダムの鐘が人気で 四月、五月に追加の公演が組まれた。 一般発売前に、会員のみの申し込み抽選があった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/17 08:06
春風亭昇太の独演会
笑点の司会者になってから何かと話題が多い。 NHKの大河ドラマ、今川義元役も好評で メガネをはずした顔は誰だかわからなかった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/10 08:37
ノートルダムの鐘
劇団四季の「ノートルダムの鐘」が開演した。 六月まで公演チケット発売なので、まだ大丈夫だと 思いチケット予約が遅れた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/03 08:28
柴田三兄弟の三味線
津軽三味線が聴けるとあり,文化会館にでかけた。 S市制十周年の記念イベントだ。 S市外でチケットが購入できない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/02/04 10:53
マンマ・ミーア
劇団四季の「マンマ・ミーア」の東京公演が 千秋楽を迎えるというので観てきた。 楽曲にたくさんのABBAの曲が使われている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/14 08:26
ライオンキング
一度は観たいと思っていた劇団四季のライオンキング。 妻と娘は二度目らしい。 二番目の娘の薦めで劇団四季の会員になり時々出かけている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/12/22 13:31
爆生お笑い
昨年に続き新春お笑いをみてきた。 今年は、郷土出身のU字工事を中心に 多くのお笑い芸人さんが出演している。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/01/24 08:56
ソング&ダンス
劇団四季のソング&ダンス60を観てきた。 これまで上演された演目の楽曲約三十曲を中心に ダンスで構成されたステージだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/11/05 08:29
山を荒らさず 川を荒らさず …
放射能の問題初め、なにかと環境に関する関心が高いこの頃。 環境問題に一生を投じた田中正造が亡くなり100年になる。 その生涯を演劇で見る機会があった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/10/14 07:49
鹿鳴館
劇団四季は、一年半前になる。「壁抜け男」以来である。 しかも、自由劇場は初めて入る。 三島由紀夫原作の「鹿鳴館」をみてきた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/06/23 11:34
江戸落語五人男
笑点メンバーお馴染みの噺家たちの男衆。 桂歌丸、三遊亭好楽、三遊亭円楽、林家たい平、林家木久扇。 このところ「笑える」機会を意識して作っている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/02/01 09:02
やっと聴けた柳家小三治の噺
小三治師匠は「もひとつま・く・ら」の本で知った。 それから、いつか寄席に行こうと思っていたのだが いつも満員でチケットが購入できずにいた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/12/12 09:26
上海ローズ SETの本公演
妻が面白そうとチケットを取ってきた。 三宅裕司と小倉久寛の笑劇なのだ。 池袋にあるサンシャイン劇場に足を運んだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2012/11/21 08:52
また君に恋してる…坂本冬美
先日、ビリーバンバンのコンサートで 初めて、あるお酒のCM曲の作詞・作曲者と知った。 そして、今回、坂本冬美の生歌を聴いた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/10/28 08:23
特撰落語会三人会
お馴染み笑点メンバー、お三方の落語会である。 三遊亭円楽、好楽、林家たい平のおとぼけを聴いた。 相変わらずメンバー攻撃談話が笑いの素だ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/06/08 08:34
無料招待 サブちゃんコンサート
Y新聞の購読者プレゼントに応募した。 運がいいのか、北島三郎コンサートに招待された。 「運がいいな」と発するのも久し振りのことだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/04/19 07:39
壁抜け男
壁抜け男 しばらくミュージカルをみていなかった。 オペラ座の怪人をみてから劇団四季の会員になり、時々でかける。 今回は「壁抜け男」のタイトルに魅かれた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/02/12 11:58
劇団四季「キャッツ」を観る
横浜に「キャノンキャッツシアター」ができ、一年が経つ。 実は数年前まで、シアターの目の前が勤務地だった。 その頃、このあたりは更地で何もなく、昼休みの散歩コースだった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/07 09:48
那須烏山の山あげ祭り 
那須烏山の山あげ祭り  国指定重要無形民俗文化財という「山あげ祭り」をみた。 毎年三日間開催しているのに、今まで行けないでいた。 三日間連続で観ると文化財の価値がわかろうというものだが…。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/07/26 08:05
大爆笑 藤山直美の六月喜劇
昨年の歌舞伎座以来の観劇だ。 藤山直美の演劇は初めてで、場所は新橋演舞場。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/06/20 21:40
コロッケ公演-仙台四郎物語
明治座の「仙台四郎物語」を観て来た。 一部が演劇で二部がものまねオンステージだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/09/24 11:48
眉山を観る
原作、さだまさしの「眉山」を観劇した。 四国、徳島での母娘の物語だ。 女性の優しい眉毛のような形をした山、眉山への想いが伝わる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/08/06 18:35
大歌舞伎公演
大歌舞伎公演 やっと歌舞伎が見られた。 三年前まで歌舞伎座から歩いて二分程の所に勤め先があった。 新橋演舞場と同じビルだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/07/07 20:36
梅沢武生劇団と前川清の特別公演
五月二十九日から一ケ月間の公演だ。 梅沢武生座長、副座長の梅沢富美男そして前川清の 特別公演が明治座で開かれた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/05/31 20:12
ミスサイゴン、ヘリコプターの轟音
帝国劇場で上演中の「ミスサイゴン」を観てきた。 二女の大学時代に定期演奏会にいったとき この音楽を聞き脳裏に焼きついていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/12 21:01
報復感情が和らぐものなら…南十字星
劇団四季のオリジナルミュージカル 昭和の歴史三部作、最後の「南十字星」を観て来た。 夏休みに入り竹芝桟橋付近はたくさんの人だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/27 10:46
ミュージカル 「異国の丘」
劇団四季のミュージカル「異国の丘」を観てきた。 浜松町にある「秋」劇場は今回で二回目になる。 前回も雨、今回も大雨、六月だから仕方がないのだが。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/25 20:30
ラマンチャの男を観にでかけた妻
このところ観劇の機会が毎月ある。 いつもチケットを確保するのは私の役目だ。 今回は妻とその友人達三人とでかけたのだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/28 10:12
一兵、一銭五厘とは
戦争を題材にしたミュージカル「李香蘭」を観てきた。 この後「異国の丘」、「南十字星」の公演も予定されている。 今回、浜松町の秋劇場は初めてだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/31 08:14
娘と忠臣蔵を見に行く
妻が楽しみにしていた明治座での「忠臣蔵」。 前日に足を骨折し変わりに娘が付き合うことになった。 それぞれに予定があり、娘二人でもめていたのが…。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/15 11:47
オペラザ座の怪人、せつないな
娘が職場の知人から、「オペラ座の怪人」のチケットをゲットした。 その方はその道の通らしい。 無理を言って、当初1枚から4枚にしてもらった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/17 12:23
「でんぐり返し」放浪記を観る
観たい観たいと思っていた森光子の「放浪記」を観劇した。 9月2日の予約とばかり思っていたが、 いざチケットをみたらら9月16日だった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/09/16 23:41
「放浪記」の予約が取れた
妻からメールが入った。 森光子さんの「放浪記」、9月公演の予約がとれたとのこと。 予約開始がスタートし、全然、電話がつながらなかったそうだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/06 20:56

トップへ | みんなの「観劇」ブログ

つぶやきkeibo 観劇のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる