花大根と大根の花

花びらが四枚で紫色の花が咲き乱れている。
道端や雑木林にも最近よく見かける花だ。
今まで「大根の花、大根の花」と思っていたのだが…。

調べてみると言い方は似ているのだが実は違うのだ。
本当は「花大根」というそうだ。
では大根の花は?。
実は大根の花が咲いているときにお眼にかかったことがない。
誰もが「大根の花」というものだから、そう信じていたのだ。
花大根とは油菜科に属し、小さな四枚の花びらで
別名、諸喝菜(ショカッサイ)とか紫花菜(ムサラサキハナナ)ともいうらしい。
その花びらが「大根の花」によく似ている。
大根は春の七草の「すずしろ」で、やはり油菜科で
白や薄いピンクの花をつけるという。
過去に何度か大根の種をまいたが、農家任せで
花が咲いたところはみたことがないのだ。
野菜の花にしろ草花にはよく似ている花が多いようだ。

私がこの花大根を知ったのは、もう十二年も前になるか
自宅から日光に単独歩行に挑戦したときだ。
日光街道の土手沿いに咲き乱れるこの花をみて
なんの花と聞いたところ、「大根の花」と教えてもらったのだ。
それ以来、土手や雑木林で見かけるたびに
子供たちにも「大根の花」といい続けてきた。
最近、「何で大根の花、じゃあ食べられるのか」と聞かれ応えに窮した。
花大根は中国原産で食料として輸入されたらしい。
そのこぼれた種が自然野生化したものだという。
若葉や花は湯がいて花野菜として食べる人もいるらしい。
勿論、大根なような根茎はない。
いずれにしろ、疑問を投げられ、初めて調べる気になったのだ。

それにしても、何でも食べられるものだ。
成長しきった今では口に入れにくいが
来年は若葉を摘んで花サラダでも所望したいものだ。

画像





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 諸葛菜(花大根) 庭の花-18

    Excerpt: 見初められて玉の輿。 若いころ、誰でも一度は夢見る シンデレラ・ストーリー 。 阿木耀子 八神純子 /.. Weblog: ★Hippie ChapterⅢ racked: 2010-04-23 13:14