光線画

ある美術館で光線画の展覧会が開催されていた。
光線画とは何?興味があり足を運んだ。
どうも浮世絵の一種のようだ。

浮世絵といえば、日本人なら誰もが知るものだ。
黒い縁取りに鮮やかな色合いで、江戸の生活を表している。
北斎や歌川など画家の名前を聞くと、あーとうなずく。
「光線画」も実は、この浮世絵のひとつだというのだ。
浮世絵に比べ、落ち着いた色調で光と影を巧みに表現している。
空の空間を広くとらえて、光の移り変わりが感じられる風景画である。
この画法は、小林清親があみだしその後弟子の井上安治が
継いで作品を残している。
安治は若くして亡くなるが、清親はその後も江戸の懐古的な風景や
風刺画を描き続けたという。

浮世絵と言われても、色使いの派手さもなく、それがかえって
江戸の風情を醸し出しているようだ。
光線画、憶えておこう。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック