藤田嗣治展

おかっぱ風の頭に丸いメガネの風貌の画家。
フランスで活躍した日本人画家である。
一度、その絵をみてみたいと出かけてきた。

藤田嗣治とゆかいな仲間たちと題した展覧会が
笠間日動美術館で開催されていた。
高速を使い約一時間のところにある。
藤田さんの絵は「乳白色の肌の裸婦像」に代表され
日本画に油彩を取り入れた独特のタッチの絵である。
第一次世界大戦前にフランスにわたり、南アメリカでも。
一時日本に帰国し、戦争画なども多く残している。
再びパリに戻りフランスに帰化し「レオナール・フジタ」になった。
没後五十年、今回、多くの画友の作品が並ぶ展覧会になっている。

一口に絵といっても多くの表現方法がある。
独自性のある絵には、画家の人生が写るともいわれるらしい。
平面的な絵?しかかけない小生にとり、人生を極めて描く絵とは
くらべることはできないが、なんとなくそれらを観ることで
その人の人生観、時代観をのぞけるから楽しいこともある。
フランスはじめ多くの仲間たちが彼の周りにいたことも
その人生感に魅力があったのかもしれない。

私の水彩画、ご無沙汰しているな。
昔のスケッチブックを見ながらあの頃はとつぶやく。








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック