自然界とコロナ

不要不急の外出要請と裏腹に自然の移ろいが外に誘う。
花粉症といわれながらも、桜や菜の花をみたい。
いつもの移ろいをみたく近くの名所で出かけた。

琵琶塚古墳の桜と菜の花、江戸の舟運乙女河岸。
昨年のこの時期の手帳をみると、二週間くらい早いのだが。
新型コロナの感染拡大の上を桜前線が通り過ぎようとしている。
外にでたいがチョット二の足を踏む。
いつもの桜スポットのイベントはすべて中止だ。
春の自然界はコロナの感染拡大と無関係なように花開く。
万全な備えをして、川べり、公園内を歩くのだが、
やはり、シーズンとわかっていても人は少ないな。

乙女河岸公園は土手の思川千本桜と菜の花の饗宴が素晴らしい。
この場所を見つけたのは三年前。
当初は菜の花が一面に咲き乱れるとの話から来たのだが
なんと千本桜が咲くとさらに映えるのだ。
約十年前に、この土手に思川桜の里親として市民が植えたという。
里親カードをみていくと、様々な市民の思いが伝わってくる。
新築記念、家族の健康を祝い、子供の誕生祝い、入学祝、友人の証記念
末永く記念に還暦記念などなど桜の木一本一本に思いが込められている。
十年前に植えた桜が、こんなに大きく成長している。
里親たちの思いはひとしおだろうな。

そんな感慨にふけっていると、川岸には昨年の台風十九号の爪痕が残る。
大きな流木に絡みつく残材やゴミの跡、川岸もえぐられている、
水没し荒れたグランドの土慣らしの跡などなど。
それでもいつものように菜の花が咲き乱れ、思川桜が咲いている。
あんな大水害でズタズタになっても、いつものように花開き
一年をスタートしているのだ。
コロナ騒ぎの地球なのに、しぶといな、強いなと思う。

菜の花を積んでいるご婦人方があちこちにいる。
お浸しにでも使うのかな。
のどかな景色を眺めていると、外出自粛の罪悪感がスート抜けるようだ。
IMG_6405.JPG

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント