オリオン通りの大暖簾

小さい頃から市内の繁華街といえばオリオン通リだ。
両側にお店が並び、市民が集まる買い物通り。
この辺りは曲師町といい二荒山神社もあり門前町である。

郊外に大きなショッピングモールができ客足が減少した。
活性化も狙い曲師町をイメージした大暖簾ができた。
高いアーケードからこの暖簾が吊り下げられている。
景観もいいが、このデザインに興味がわいた。
曲(まげ)の字を蝶に見立てた、師は四として四羽の蝶にデザインしたという。
最初はオリオン通りの命名と何の関わりがあるのか不思議だった。
曲師町商店組合が仕掛けたこともあり、町名をもじったものだった。

半纏はじめいろいろなところでこのデザインがお目見えするだろう。
さしあたり長いアーケードの東半分に、藍色と赤の四枚の
大きな暖簾が吊り下げられた。
高いアーケードから差し込む光で一段と目に付く。

イベント会場や特設サイトが多い、オリオン通り。
またひとつ、大暖簾も名物になるといいな。
IMG_4433.JPG

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント