ばあちゃんの部屋

ばあちゃんが特養ホームに入居してから三年目に入った。
その間、タンスの整理をしたものの、ほぼ前の状態になっている。
ところが、最近、孫たちによりリフォームされている。

当初は畳の八畳間が遊び場所だったのだが
ある日、新聞紙で人の形やら不思議なものをつくり
ばあちゃんの部屋のいたるところにベタベタと‥。
暗くすると新聞紙がヒラヒラ舞い不気味な空間だ。
お化けの部屋と称し、時々案内される。
それから、本棚や机やら台所やらをダンボールで作り始めた。
すっかり孫たちの空間ができている。

ばあちゃんがいる頃は、なかなか部屋に入ることはなかった。
出入りを始めると、すっかり自分たちの部屋になり
かたづけなどすると、すぐわかってしまうのだ。
子供は遊びの天才とよく言われるが、まさに現実の姿を映しながら
自分たちの世界観をつくりあげているのだ。

ばあちゃんの部屋が、孫たちの部屋にリフォームされつつある。
六歳と四歳、どんな部屋に作り上げるのか愉しみでもある。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント