コロナ特別定額給付金の書類申請

オンライン申請したものの、対象が住民基本台帳と違うことで
受付ができなかった。書類で再申請するよう連絡があったのだが
その書類が、一ケ月経過しても届かない。

どうも、我が町は五月末から書類の送付がはじまったという。
マスクは届かないし、給付も遅くイライラするな。
緊急事態の対応は、タイミングが大事で、ありがたみの効果が全然違う。
支援策は国が決めるが、自治体独自策も含めやるのは地方の役所だ。
自治体により支給や給付に差がでてしまうのはよくない。
緊急でもあり、職員の方も相当なご苦労をされていると思うのだが。

やっと申請書類が届いた。どうも、母の特養入居を契機に「世帯分離」をした。
そのことが、住民基本台帳と違うと指摘されたのだ。
書類では、基本台帳に記載されている名前がすでに印刷されているので
確認をするだけだ。
最初はオンライン申請が早いということだったが、
受付してからの台帳との確認作業もあり、かえって書類申請の方が
間違いが少ないようだ。
少しでも早くということで、マイナンバー申請も増加したりして
大きな混乱も生じている。緊急な支援が緊急でなくなっている。

先日の報道でも、緊急の支援策を遅いと答えた人が八割にも上るとあった。
望んでいる人への支援策が早く届くようにして欲しいものだな。
申請書が今日届いて夕方ポストに投函した。
次から次へとポストに投函していく。
こんな時間に投函する姿など見たことがない。同じ気持ちなのかな。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント