孫の一人お泊り

今年、幼稚園の年長組になる孫。
まだ休園中だが、再開すると幼稚園でお泊りがある。
そこで、一人でジジババの家に泊まる練習をした。

夜、家に帰るということはなさそうだが、それでも心配。
パパ・ママと三歳の弟は早々と自宅に戻った。
さて、それからが遊びメニューのオンパレードで
近くの川まで鯉や亀をみに散歩だ。散歩といえど結構な距離になる。
夕飯を食べてから、花火をして、お風呂に入り、県外にいる娘と
ラインのビデオ電話をして、「おうち遊園地」をみてと休む暇もなく動いた。
途中、散歩の疲れだろう、ひとしきり寝たこともあり
その後も寝るまでハイテンションが続いた。
昼間から相当数の「おうち遊園地」のジェットコースター動画をみている。
朝起き一番、ジェットコースターの夢をみたという。
なんとか一人お泊りは、周りが心配することもなかったようだ。

自分の長女が次女を連れて、ある研修キャンプに行ったことがある。
長女は六歳、次女はまだ四歳、県外の山奥でのキャンプだ。
電車やバスを乗り継いで行く。
最寄の駅では元気にバイバイしたのだが、キャンプ場では毎日泣いて
長女にしがみついたいたという。寂しくてもすぐには戻れない。
キャンプを終え、駅に戻ってきた次女をみて、つい親も泣いてしまった。
こんなに無理させることもなかったなあと‥。
その次女がママになり、今度は自分の息子を一人お泊りさせる。
ジジババのところだから大丈夫と思うが、集団お泊りとなるとまた心配は残る。
こういう繰り返しで子供は少しずつ自律心が育っていくものだ。

翌日、パパママと弟が迎えにきた。
弟もいない自由な時間をすごした孫だが、みんなでお泊りとはまた違う。
早く幼稚園も再開し、お泊り練習の成果を聞かせて欲しいものだな。