最近の葬儀事情

コロナ禍で、お葬式も変化している。
感染防止で会葬を辞退する方も多い。
せめて最後のお別れをと悼む気持ちは強い。

最近では年忌法要でも、自宅でテレビやタブレットなどで、
お坊さんのお経をあげる様子をみて、供養するというもの。
お寺さんに行けない高齢者の方や施設で生活している方、
海外など遠方で参加できない人にはありがたい話だ。
でも一方で檀家の顔がみえない、古来の葬儀文化がなくなる
事への不安の声もあるようだ。

どこまで今までの生活様式が変えられるのか。
益々、陽性者が増え続ける昨今、三蜜を避ける行動だけで
生活し続けることはかなり難しい。
葬儀社によっては、リモート葬儀と称し、参列者に葬儀の様子を
リモート配信する取り組みも始まった。
ズームやラインなどで生配信するものだ。
ただし、焼却室前や分骨様子などは撮影できないようだ。
このコロナ騒ぎで、最後の別れさえできない事態も多くあった。
なんとか、最後のお見送りをしたいというのは共通の想いだろう。

コロナの緊急事態宣言が出されてから、数回、知人友人のお葬式が
あったが、いずれも、遺族の会葬ご辞退の意向もあり参列していない。
今年の新盆は、非礼を詫びてお線香をあげてきたいものだ。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント