磯山神社の紫陽花

時期的に紫陽花が見頃を迎え、あちこちの名所が紹介されている。
これまでは紫陽花といえば大平山のあじさい坂だけだった。
ところが近隣でもいいところがあるのだ。

そのひとつ、隣の鹿沼市に「磯山神社」があり、
そこの紫陽花がいいという。
午後、幸いに雨があがり車で二十分のところに出向いた。
雨上がりでもあり、この鬨を待っていたのか
多くの観光客が訪れていた。
杉木立の中の参道が階段で拝殿までまっすぐにのびている。
両側に約二百種類と言われる紫陽花が最盛期を迎えている。
ちょっと濡れた参道、水滴が紫陽花につき情緒ある風景だ。
丁度、茅の輪くぐりも準備され、無病息災を願いくぐっていた。

今年は紫陽花に縁があるのか、先日は、新品種の紫陽花をもらい
剪定し鉢替えをしたばかりだ。
近い所では、保護団体が維持している氷室あじさい坂、
遠いところでは、茨城県境まで足を運び、
フクロウ像との共演を初めて観た。
みたこともない色とりどりの紫陽花、形も面白い。

コロナ禍、梅雨時期、うっとおしい日々が続く中、自然の営みは
かわらず、癒しを与えてくれる。
用心しながら、ささやかな目の保養を愉しみたいものだ。
IMG_8501.JPG