中国の千人計画

国の論文件数は、その国の科学力の判断によく使われる。
最近では、中国が世界一位、アメリカ、ドイツそして日本は大分遅れた。
中国の論文件数に影響する「千人計画」が気になる。

海外のハイレベルな人材招致計画で二〇〇八年から始まった。
技術革新、科学研究など国際的な専門家を認定し採用する計画だ。
参加すると、特別教授の称号を授与されたり、様々な優遇処置があるようだ。
日本からも四十四人の方が参加していることがわかった。
研究を続けるには、財政的な支援が必要だ。
日本の支援を受けながら、千人計画に参加し研究成果をだす。
なんか変だな。とは言えどんな支援をうけているか、
研究内容や支援額など、法的には開示する決まりはないようだ。
ここにきて、日本の情報や重要な技術、知識が流出する可能性があること
から、法整備を整える動きもでてきた。

実は千人計画に参加すると、研究費の支援もあるが、有名なネイチャーや
サイエンスなどの科学誌に論文を投稿するノルマがあるという。
勿論採用されれば賞金もでることもあるのだが、時間の制約のなかで
結構ハードだともいわれている。
でも、研究者にとっては、未知の世界を開拓することへの魅了は大きい。

日本における研究支援策の実態はどうか。
すぐ成果を生み出すものでもなく先行投資だ。
現在のノーベル賞受賞者は、若い頃からの研究が認められたものばかりだ。
大学の修士課程から博士になって研究を続ける環境にないとか
大学教員の人員削減など、大学運営サイドの問題もあるようだときく。

研究費用もさることながら、若い研究者の育成が鍵を握るようだな。






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント