カタカタの手押し車

我が家には幼児用の手押し車がある。
押すたびにカタカタとなるのでカタカタとよんでいる。
わが娘たちが、遠い昔遊んだものだ。

乗ってこぐ車は消防車とスポーツカーもある。
もらい物で孫たちがまだ時々乗って遊んでいる。
今は自転車に変わり、ほとんど使われなくなったが
捨てずに軒下においてあるのだ。

カタカタは娘たちも孫たちも歩き始めの頃はよく使ってきた。
車が前に進むたびに、三種類の動物がカタカタと音をたてる。
その音が歩くリズムをつくるのか実に楽しそうだ。
ペンキもはがれ木製なので朽ちて、そろそろ処分しようとしているが
これから歩き出す孫娘も使うかなとおもいとってある。

そのカタカタの色を塗り替えた。
絵柄も消えかけさえない色だ。
車輪軸についているピンが一本折れていて、カタカタの音に
少し間がありカタ・カタとなる。
折れた木製ピンが抜けず、代用ねじに替えた。
リズムよくカタ・カタ・カタと動くかな。
オレンジ、若草、カーキ色の水性ペンキで塗ったのだが
どうも華やかさがないので、赤色を追加し台座を塗る。
孫のお兄ちゃん二人もペンキ塗りに参加した。
キャラクターのシールを貼り完成だ。
ズリバイ中の孫娘だが、もう少したつとこのカタカタ使えるな。

子どもたちの遊びは成長と共に変わるのは当然だが
おもちゃや使ったものは、残り続けるのが多いものだ。
どこかで整理が必要だが、どんどんたまるものだ。
今はお兄ちゃんたちの遊び道具ばかりだが、少しずつ
孫娘の遊び道具に変っていくのだろうな。
PXL_20210222_054531461.jpg








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント