孫の自転車、補助輪外し

昨年の五月、孫の六歳の誕生祝いに自転車を贈った。
しばらくジジババの家に置いて練習をしていた。
勿論、補助付きの自転車だ。

補助付きでは物足りなさそうに走り廻り、そろそろ補助輪を外す頃かな
と思っていたら、先日、パパママとその補助輪を外してきて、
新しい家に持ち帰った。その翌日、自転車の練習様子の動画が
三回に分けて送られてきた。
まずペタルに足を載せずバランスをとる練習のようだ。
数時間もしないうちにペタルに足を載せて漕いでいる様子。
三回目の動画では普通に自転車に乗っているのだ。
補助輪付き自転車に乗る様子から、みんなですぐ乗れてしまうと
思っていたが、まさか、こんなに早く乗れてしまうとは思ってもみない。
幼稚園の運動会などの様子からは、運動はいまいちかなと思っていたが
なんのその、縄跳びもカケッコもスイミングも上達が早いし
ジジババとしては、これからの孫は愉しみでもある。

いまでは子供用自転車は普通にあるが、小生の子供時代は、
荷台の大きい大人用の自転車で三角乗りでおぼえた。
昔、勤務先の近くにある築地市場でもよくみかけ、当時は懐かしくもあった。
小学生、中学生時代は自転車はない。高校生になり叔父さんからもらった
自転車で通学した。当時はギヤ付き自転車は少なく珍しがられた。
社会人になっても専用の自転車はなかった。
娘たちの自転車をしばらく乗っていた。
ゴミ処分場でリサイクル自転車を再修理した格安自転車が抽選であたった。
そして、今は新しいママチャリを初めて買った。
でも、歩くことにシフトしほとんど乗らず放置してある。
すっかり必要がない粗大ゴミに近い状態だ。
これが小生の自転車遍歴だ。

孫たちの自転車は、これから何台もバージョンアップして
いくのだろうな。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント