テーマ:家族

娘の長女にご対面

娘の長女(第三子)にご対面。 コロナ禍の折、病院での面会は誰もできない。 入院五日後に退院となり、自宅に出向いた。 スマホのラインで赤ちゃんの様子はみていたが 実際に会うのは初めてになる。 しかも女の子故にいとおしく感じるものだ。 第三子の出産にあっては、上の男の子(五歳と三歳)、特に 三歳の子が果たしてママのいない間…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

娘の第三子(長女)誕生

次女の第三子が生まれた。 長男、次男も可愛いが第三子は女の子でありうれしい。 パパ方では男の子三人だったから、女の子の孫ができさぞかし‥。 コロナ感染防止で、家族でさえ面会できない。 前日も、孫の幼稚園に迎へに行くと、生まれそうなんて いうものだから車移動も心配の限りだ。 でも、翌日、予定通り朝早く入院した。 お昼前ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

子供でもできる筋トレ

孫の二人をモデルにして、スマホでビデオをとった。 上の娘が撮影しラインで下の娘に送る。 二人の娘は、小学校の教師をしている。 テレワークで授業の支援策として学習方法を求められているらしい。 新しいことへの挑戦を含め、ユーチューブでの教材作成を始めたらしい。 ペットボトルを上げ下げする運動や腕立て伏せのビデオをとったのだ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ばあちゃんの部屋

ばあちゃんが特養ホームに入居してから三年目に入った。 その間、タンスの整理をしたものの、ほぼ前の状態になっている。 ところが、最近、孫たちによりリフォームされている。 当初は畳の八畳間が遊び場所だったのだが ある日、新聞紙で人の形やら不思議なものをつくり ばあちゃんの部屋のいたるところにベタベタと‥。 暗くすると新聞紙が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

孫の一人お泊り

今年、幼稚園の年長組になる孫。 まだ休園中だが、再開すると幼稚園でお泊りがある。 そこで、一人でジジババの家に泊まる練習をした。 夜、家に帰るということはなさそうだが、それでも心配。 パパ・ママと三歳の弟は早々と自宅に戻った。 さて、それからが遊びメニューのオンパレードで 近くの川まで鯉や亀をみに散歩だ。散歩といえど結構…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おうち遊園地とHDMIケーブル

巣ごもり生活、親は我慢できるにしても 子供はそうはいかない。遊園地は勿論、運動公園の 駐車場も閉鎖でおうち遊びが中心になる。 そんな時、「こども遊園地」のCMをみた。 テレビをモニター代わりにして、パソコンからの動画をみる。 以前、プレゼンテーションの練習でやったことはあるが 今は、テレビはテレビ、パソコンはパソコンのみ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

車のドアロックができない

娘が車のドアが閉まらないと騒いでいる。 車の鍵はインテリジェンスキーだ。 ドアが開かないとか閉まらないというトラブルはよくある。 そん時はキーの電池をよく交換する。 でも今回は車も新車だし、そうでもないようだ。 インテリジェンスキーは遠隔操作ができるので重宝するのだが 常時使う携帯キーと予備のキーを、違えて使っている時が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

孫の入園式

下の孫の入園式があった。 コロナ感染拡大の時期故、簡略して行われたという。 その後、コロナの関係で当面、休園になるという。 年長になるお兄ちゃんが代表の一人として、入園歓迎の言葉を述べた。 かなり前からその言葉を練習していたが、ジジババの前では言わない。 でも、完璧だとママは言う。 先日、下の孫も保育園の卒園式を終えたば…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ピクニック気分で

幼稚園の休園で二人の孫を預かった。 家の中で、お絵描きやビデオだけではと近くの公園にも出かけるが、 孫の動きについていけず、ジジババが疲れる。 そんな折、ひさしくビデオを観た後、狭い庭で遊ぶことにした。 遊びの天才たちだ。どんどんと遊び方が変わる。 ジジはお昼の準備、ババは孫のお守り役だ。 何やら水遊びをして、靴もズボン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

手づくりマスク

トイレットペーパーやテイッシュは店頭に並ぶようになったが マスクの品薄状態は相変わらず続いている。 そんな折、 手作りマスクの話題もチラホラ。 山梨の中学一年生女子が、六百枚も手作りマスクを寄付したという。 材料費は貯めたお金を八万円を使ったという。 高齢者がマスクを買い求める姿をみて、何か自分にできる ことはないかと思…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒトメタニューモウイルス

下の孫が保育園で風菌をもらったようで熱があるという。 ジジババで預かることになったのだが、なんとも鼻水、 くしゃみがひどく、かわいそうだ。 ママが病院につれていくと、ヒトメタニューモウイルスによる 感染症らしい。でも熱は下がったが保育園には行けない。 この時期、幼児によくかかる感染症だという。 それでも、熱が続くとどうし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

面会できない特養

毎週一回、母の様子見に特養施設に出かける。 水をあまり飲まないので、代わりに飲むゼリーを 届けているのだ。 施設の入り口が混雑している。 受付しようとしたら、コロナウイルス感染防止の関係で 当面の間、家族の面会を禁止する張り紙があった。 不要不急でない限り外出を控える、様々なイベントが中止になった。 小中学校の休校にな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

孫のクリスマス発表会

五歳になる孫のクリスマス発表会があった。 合奏や歌、リズム劇、お遊戯と盛りだくさん。 お昼を挟むから長時間になる。大丈夫かな。 なんといってもリズム劇が見ものだ。 演目は「しらゆき姫」だ。 音楽がありセリフもあるのだが、到底、長いセリフは無理だ。 そこで、「クチパク」で演技するのだが、さまざまに変化する 場面にあわせ、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

孫の運動会

幼稚園と保育園の運動会が同じ日になってしまった。 どちらの運動会も見たいのはやまやまだが 家族みんなで手分けして見に行くことになった。 私は、先日、弟のジジババの参観に行ったので 私だけパパ方の両親と幼稚園の運動会に参加した。 孫との競技は無理なので、写真係ということだ。 さすが年中さんになるとたくさんの競技にでるも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

はじめての孫の敬老参観

今年初めて行うという保育園での敬老参観。 じじばばと孫で保育園にでかけ、お遊びをする。 敬老参観とはいいえ、パパママも多い。 前もって何をするかは、娘から聞いていたものの ゲームできるかチョット心配なばば、じじは写真専門。 保育園ではどうなのか、知らないことばかりだ。 朝の挨拶、元気にお返事できるかな。 先生の話を聞い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

孫の写真集

孫ができてから被写体が風景から孫に変わった。 そういえば我が娘たちのアルバムも増えるばかりだったな。 今はデジタル時代、保存は楽になったのだが…。 思い出の写真はパソコンやアルバムに簡単にできる。 とはいえ、パソコンを開く、データーを読み込むというのは まめにできるものでもない。 その点、アルバムや写真集にしておくと、保…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

孫と筍狩り

以前約束していた筍狩りをした。 前の日から泊りかけできていて、当日の朝も 早くから起きて元気そうだ。行けるかな。 場所は車で約三十分のところだが、すでに駐車場は 満車状態である。 子供用の軍手を買ったのに忘れた。 二種類の鍬、スキを借りていざ竹林の中に。 すでに多くの筍狩りのお客さんが竹林に入り込んでいる。 パンフレ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

母のイチゴ狩り

特養にいる母のイチゴ狩りに同行した。 昨年は暴風で中止になった。 今年は晴天で夏の陽気を思わせる。 車椅子のままハウスに入れるイチゴの観光農園だ 現地で待ち合わせをした。 三日前に、妻と娘が訪問した時は、楽しみにしていると 云っていたので、急に行かないということはないだろう。 約束の午後二時近くなっても現れない。 直…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

孫の床屋さん

もうすぐ三歳になる孫が床屋さんにかかった。 つい二週間前にも行った。お兄ちゃんは切ったのだが 本人はお菓子をもらっただけで髪はきらなかったらしい。 ケイジイが切ってやるかいというと、 「ヤダ、小川のおじさんに切ってもらう」という。 小川のおじさんは、パパの実家近くの床屋さんなのだ。 今度は自分で切るといったので、多分、大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東武動物公園

長女の教え子家族から東武動物公園の招待券をもらった。 毎年のいただきものでそのたびに公園に出かけていた。 今回は私も参加して七人ででかけてきた。 暖かくて桜も満開、最高のお出かけ日よりになった。 私は初めていく場所だ。 電車を乗り継ぎ、バスに乗りみんなでお出かけ、 もうすぐ五歳と三歳の孫たちのテンションも高いようだ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホワイトデイは

すでに義理チョコ時代も遠になくなった。 ささやかに娘たちから毎年もらえるだけになった。 それだけでも愛はまだ消えていないぞ。 最近、長女は手作りのチョコケーキだ。 次女は高級チョコが多い。 三女は離れて暮らしているので送られてくるが 今年は、三日も前に届いた。 お礼に連絡すると「あれ、もう届いたの」の返信。 いずれに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年は見送り雛段飾り

何回かひな壇を飾らない年もあったのだが…。 今年は飾れなかった。 丁度、その頃、孫たちが泊まりに来るからだ。 節分が終わるとすぐひな壇を飾り、ひな祭りが終わると 早々とかたずけることにしているのだが。 八畳間にふとんを敷く関係で、ひな壇を飾れない。 今は、場所をとらないコンパクトなタイプが人気のようだが 娘が生まれた頃…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

孫とのオセロ

四歳になる孫と教師の娘が碁石でオセロをやっている。 押し入れから碁石を発見して遊び始めたようだ。 妻が正式なオセロ板があると持ち出してきてくれた。 石を挟み込むと自分の石に裏返るのが面白いようで 何回かやるうちにその要領がわかってきたようだ。 長女娘との勝負は連勝続き、端っこや四隅をとると勝てると分かってきた頃、 けいじ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

孫のクリスマス会

幼稚園の年少組に通う孫のクリスマス会があった。 数日前も遊戯をみんなに披露していた。 一生懸命に覚えていたのだろう。 周りも完璧完璧とほめながら楽しみにしていたのだが 二日前に三九度を超える発熱で早退した。 当日朝も熱が下がらず、クリスマス会は休むことになってしまった。 本人もいきたかったろうにな。 それ以上にママパパ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

てんまり

母が一年前から特養に入所している。 毎週、様子見に会いにいくのだが そのたびに、「てんまりはどうした」という。 ひ孫が二人いるが、「てんまり」をあげるために タンスの中にいれておいたという。 何度もさがしたが見当たらない。 仕舞う先が違うかもしてれないが、何度聞いても 頑なにあるはずという。 よく聞くとゴム製の野球の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アジアからの研修生受け入れ

インドネシア、マレーシヤから二人の若い女性を ホームステイで受け入れた。 アジアからは初めてのことだ。 船と飛行機を利用して、アジアをめぐる約五十二日間の研修らしい。 法律を学ぶ学生と最近通訳資格をとったという二人だ。 明るくて快活そうな二人だ。 長女が国際交流で受け入れるとなってから、食事は案内先を どうすると気をも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

七十五歳まではまだ若いうち

妻が転倒し左肘頭を骨折した。 骨にピンをいれ針金で固定した。 固まったあとまたその針金をとるかも。 娘がその道の友人に連絡し、家でやるリハビリはないか聞いた。 「まだ若いからピンはすぐとれるよ」という。 「え、若くないよ」というと、七十五歳までは若い、九十歳を超えると 年寄という感覚なのだそうだ。 骨年齢というのもある…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ばあば、だっこ

孫が家にくるたび、あたらしい言葉に驚く。 いつの間に覚えたの。 単語がつながってきたのだ。 自分の子供が言葉を発した頃はすっかり記憶にないが きっと驚きと感激の瞬間はあったのだろう。 ママ、パパ、ばあば、じいじ、ね~ねなどの単語に つながる言葉がでてくる。 ばあばーだっこ、ばあばーあっち。 自分の意思がはっきりしてき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

凍結、転んで骨折おまけにインフルエンザ

妻から電話が入る。 あるお店の前で転んで、左肘が動かないという。 凍結していて滑ったらしい。 近くの整形外科へすぐかかるようにして 追ってその病院へ急行した。 診察の後、レントゲンを撮る直前だった。 結果は、関節部骨折のため別の整形外科へ 紹介状を書いてもらった。 その病院で診察、検査のあと告げられた症状は 左…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

幼稚園のクリスマス発表会

孫の幼稚園でのクリスマス発表会にでかけた。 入園しまだ半年、どんな踊りや歌をみせるのか。 その成長ぶりが愉しみでもある。 年少組の下のクラスなので、多くを期待してなかったのだが 口を大きくあけて歌う姿や、リズムに合わせ 踊る姿はまだ三歳なのにとびっくりの連続だった。 娘たちの幼少の頃はあまり覚えていないが、 たしか幼稚…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more