テーマ:独り言

顔が思い出せない名刺の整理

気が向いたら名刺の整理はしているものの 名刺交換当時と数年も過ぎれば、今どうしてると思いつつ 顔が浮かばない名刺を整理した。 なんといっても現役当時の名刺が圧倒的に多い。 何冊もの名刺フォルダーにおさめていたが、数年のお付き合いで 名刺の役割は消えた。 その後、自治会などの地域デビューしてからの名刺も増えたが、 それも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コロナのワクチン接種

先日、母がいる特養ホームから連絡が入る。 ワクチン接種をするのでその同意を求められた。 施設に出向いて同意書を書いてきた。 他の高齢者施設のワクチン接種が進んでいる中、一向にその話がなかった。 施設の医療を預かる医師のワクチン接種が遅れていたとのことだ。 自分が接種してないのに高齢者に打てないとその担当医師はいう。 入居…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

菖蒲湯

五月五日は端午の節句、男児の成長を願うお祝いだ。 わが家は女児ばかりで縁がなかったのだが、 農家の庭の大きな鯉のぼりが懐かしい。 五節句のひとつ端午の節句とは。 「端」は始まりを意味し五月の最初の「丑の日」を指す。 もともと節句は中国から伝わり、日本人の生活風習に合したものだ。 端午の節句は「菖蒲の節句」とも追われる。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エアコンの取り換え

娘たちの部屋を増築した折、エアコンを取り付けた。 そのエアコンが突然動かなくなった。 昨年、エアコンのクリーニングをしたばかりなのだが。 今、我が家では五台のエアコンがあるが、この娘の部屋のエアコンが 最古参になる。エアコン商戦は年々早くなる。 下取り額も高く、工事料金、古いエアコンの処分料も込みこみ。 前年度モデル品で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トトラが届く

トトラという交通系ICカードが届いた。 かねてからカードの申請をだしておいた、地域連携交通ICカードだ。 名前もトトロと勘違いしてしまうな。 トトラはトータルのトとトランスポーションのトラの略称で 総合的輸送システムの交通系ICカードのこと。 宇都宮市で進めているLRTにも乗れる、既存のバス、鉄道にも乗れる。 高齢者や障…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

二度目の怪しいSMS

お荷物を届けたが不在でしたので‥と怪しいSMSが携帯に入る。 携帯電話を買い替えた直後の三ケ月前にもあった。 一応、消費者センターに確認し届けておいた。 この手の怪しいメールが多い。絶対にアクセスしないことだ。 表示されたホームページや携帯電話番号にはかけないこと。 端末から個人情報が盗まれる可能性が大きいと注意喚起がされ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クンシランの株分け

近所の方からクンシランの株を分けてもらった。 何せこの花の株分けは初めての事。 昨年、皇帝ダリア用に準備した大きい鉢を使うことにした。 土はクンシランの培養土が販売されているという。 ということは、この花の株分けは特別なことでもないようだ。 半分にした株はかなり大きい。根は大きくびっしり詰まっている。 古い根はポロポロと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

HBのエンピツ

孫のお絵描きをみていると、スラスラとエンピツ運びが実にいい。 芯の柔らかいエンピツかと思ったら、使い古しのHBだ。 最近、子供たちの使うエンピツでHB離れが目立つという。 どうも筆圧がなくなってきていて、2Bからが主流だという。 エンピツの芯はHBを中心に軟らかい2Bから6B、硬い芯が Hで表し2Hから数字が大きくなるほど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あしかがフラワーパークと花名検索

コロナのまん延防止措置や緊急事態宣言下で外にでかけにくい状態が続く。 そんな中、桜やネモフィラ、藤の花とつい足を誘われる。 あしかがフラワーパークにでかけた。 何度もきているパークだが、藤の花を観るのは三年ぶりかな。 何度みても大藤はじめ花の種類の多さには驚かされる。 平日とはいえ、入場口近くの駐車場は他県NOの車で満車状…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地雷メイク

昨年の夏頃かな、やけに病みあがりのようにみえる 若い女性をよく見かけるようになった。 地雷メイクだということを知った。 芸能人やユーチューバーの方がSNSで紹介していた。 地雷女からきていることを知る。 もともとこんなメイクはあったというが、おうち時間が増えたのが 流行の誘因だともいう。要はメンへラ感ただよう感じのメイク…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

芝桜の寿命

わが家の塀沿いの小さな空間に芝桜がある。 もう六年前に植栽したものだが、毎年、苗枯れしまだらになってきた。 それでも、この時期になると大部分が花をつける。 市貝町にある芝桜公園をみて、芝桜を植えるようになった。 昨年はコロナ禍でお祭りは中止になり、二年ぶりの再開になった。 勿論、野菜や花苗のみ販売で、飲食できる店はない。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒスイカズラが見頃

ある地元のとちぎ花センターに足を運んだ。 季節で企画展がよく開催され、珍しい花をみることができる。 今回は、ヒスイカズラとラン展が開催されていた。 この花センターでの企画展にはよく足を運ぶ。 沖縄の美ら海水族館の敷地内にある熱帯植物園で初めてヒスイカズラを観た。 フィリッピンルソン島原産で今では絶滅危惧種でもあり、貴重な花…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

呪術廻戦バカウケ第二弾

数ケ月前、呪術廻戦のコラボ商品でバカウケが発売され 何軒か廻りやっとそのバカウケをゲットしたのだが その後、ピタット商品はなくなっていた。 四月十二日にコンビニで第二弾バカウケを売りだした。 娘に頼まれいくつかのコンビニを見て歩いたがなかった。 近くのスーパーも買い物のついでにお菓子コーナーをみたが見当たらない。 コンビ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

この申し込み変だな

ある線路の未成線のツアーの応募があった。 最近、幻の○○線とかのツアーが人気のようだ。 我が県内でもそんなツアーの募集があった。 早速、そのホームページから申し込みをしたのだが 参加人数の入力が一人分しかない。 おかしいと思い担当する観光協会に尋ねた。 しばらく待たされた上、「お一人様ごとに申し込んで」との回答。 カー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

乙女河岸の菜の花

先日、菜の花が咲くスポットにでかけた。 小山市にある乙女河岸歴史公園という場所だ。 この時期、思川桜と菜の花が同時に見られスポットになっている。 江戸時代は乙女河岸といい、舟運の要所だったという。 その名残りはないが、土手沿いに建つ東屋にその歴史が刻まれている。 土手には市の桜里親制度で約一二〇〇本の思川桜が延々六KMも続…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

桜堤で記念撮影

久しぶりにいつもの桜堤を訪れた。 いつもなら、菜の花との競演で結婚式の前撮りや 入学、入園、卒業式など記念に多くの人が訪れるのだが。 一昨年の大雨被害で菜の花が咲く土手が崩れたりして やっと今、川底や土手の改修が始まったばかりだ。 それでも知る人はこの土手を訪れ、シャッターを切っている。 桜は満開で見事だが、菜の花との競…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

五郎の石の家

北の国からのドラマはよくみていた。 黒板五郎役の田中邦衛さんが亡くなった。 独特な語り口で親しみわく俳優さんだった。 北海道を訪れたのは、二〇〇四年の六月、前の年にカシオペアで 北海道へ行く予定が台風の影響で運行中止になってしまった。 翌年、再チャレンジしてカシオペアで北海道へ。 四日目に北の国からのロケ地巡りで、石の家…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブログ本、NO18号

定年時に始めたブログを集めた本が第十八巻目になった。 しかも今回はいつものページの倍の量になってしまった。 最近は一年一回、四月に発行する。 いつもは約二五〇ページ前後なのだが、今回は四〇〇ページを超えた。 コロナ禍で外出ネタもないのだが、多愛もない内容だった。 デジタルもいいが、本にしておくと自由に読めるからあえて製本化…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

淡墨桜

毎年この時期になると観にいく桜だ。 どちらかというと咲き始めを観ることが多い。 満開になってから約一週間で散り始める。 その散り際の桜をみたいと思うのだが、タイミングが合わない。 ピンクの蕾から始まり真っ白な花の満開、そして散り際の 淡い墨色と三回楽しめるこの淡墨桜(うすずみさくら)。 日本三大桜のひとつ、岐阜県根屋谷の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宮の桜堤

一昨年、大雨の被害で氾濫した永野川沿いの桜をみに出かけた。 勿論、昨年も今年も桜祭りは中止である。 すでに満開に近く、桜堤を両岸から眺めた。 これまでは、片岸からの桜トンネルを散策していた。 向う岸からも眺めたいと歩き続けたが、渡れる橋までが遠い。 ようやく辿りついたが、二年間も桜祭りが中止なので草も生え歩きずらい。 そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

同じメールが何度も届く

先日、あるメールが届く。 発信元も内容もすでに承知しているものだったが 初回に受信した後、毎日、同じメールが届くのだ。 アウトルックでメール管理をしていて、一端、削除したり フォルダー仕分けをすると、そのメールが送受信のたびに再度受信する トラブルもあると聞き、PCサービスで確認した。 メールソフトのシステム上に問題ある…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

けやき飯カップ

先日テレビで美味しいカップラーメンが放映されていた。 北海道のすすきのにある、けやきラーメン店が監修した その時は、辛味噌カップ麺が一番ということになった。 ほとんどカップ麺は食べないが、一度口にしてみようと 限定販売しているというコンビニにでかけた。 カップ麺がなくけやき飯というカップがあったので購入した。 テレビでは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東日本大震災から10年

もう十年、まだ十年と思いは様々だろう。 新聞やテレビの報道でも地震や原発被害の情報があふれている。 被災された方々には、沈痛な思いが今も続いている。 冬の北東北の旅は二〇一一年一月だった。岩手の浄土ケ浜でも泊まった。 その二ケ月後にあのいまわしい大震災で津波が襲った。 しばらく、東北に行くことはなかった。 昨年、青春十八…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

SDGs(エスデイージーズ)

聞きなれないワードだが、耳にするようになった。 地方自治体や企業でもSDGsの取り組みを紹介する機会が 増えてきたように思う。 実はこの取り組みは二〇一五年の国際会議で採択され 百二十九ケ国が参加した「持続可能な開発目標」のことである。 二千三十年までに達成する目標が記されている。 なにやら難しそうだが、中身をみてみると…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国の千人計画

国の論文件数は、その国の科学力の判断によく使われる。 最近では、中国が世界一位、アメリカ、ドイツそして日本は大分遅れた。 中国の論文件数に影響する「千人計画」が気になる。 海外のハイレベルな人材招致計画で二〇〇八年から始まった。 技術革新、科学研究など国際的な専門家を認定し採用する計画だ。 参加すると、特別教授の称号を授与…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

かさましこのガイドブック

昨年、半年をかけて市民大学を受講した。 日本遺産に登録された「かさましこ」のテーマだ。 その時、笠間と益子の多くの資料やパンフレットをもらった。 外出自粛の折、現場を訪れることなくパンフレットを眺めていた。 まもなく、笠間と益子を一冊にした観光マップができ、無料で配布中と 宣伝されたので、益子を訪れたのだがどこにもおいてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

足利の山火事

足利の山火事延焼がおさまらない。 風も強く雨も降らず、もう一週間になる。 この近くには何度か足を運んでいる場所だ。 気にもんでいたら、今度は群馬県でも山火事という。 この時期は山火事が多いという。枯草や枯れ枝も多く 一端火がつくと広がる可能性が高いのだそうだ。 火元らしいところは両崖山の頂上らしく、気軽に登れる ハイキ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最近の寒い笑い話

毎朝携帯電話を開き、いつもの手順で確認するのだが ホーム画面の待ち受け画面も違うし、おかしいと娘に尋ねる。 おかしいと思いつつ、それ、お母さんの携帯電話だよ。 その横に自分の携帯電話がおいてある。 先日、妻と同じ携帯電話に切り替えたばかりだ。 カラーがちがうのだが全く同じ機種。 目の前にありながら自分のものかどうかもわか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

呪術廻戦ばかうけ

呪術廻戦ばかうけの人気がでてきた。 全国スーパーでも販売されたというので、娘に買っといてと 頼まれたが、スーパーの棚にはなかった。 ばかうけはよく買うおせんべいだが、いまは、ヒカキンとの コラボ商品がよく売れているという。 この商品はあったのだが、お目当ての呪術廻戦のばかうけはない。 買い物ついでに何軒かのお店を物色した…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東日本大地震の余震だって

夜中の十一時十八分頃、揺れがすごく妻に起こされた。 すぐ一階に降りようとしたがうまくおりられない。 こんな感覚は二〇一一年の東日本大地震以来だ。 十年前の地震発生時は、近くのスーパーで買い物をしていた。 慌てて建物の外にでたのだが、立っていられず駐車場の車にしがみついていた。 近くの住居の屋根瓦が崩れ落ちていく。今もその光…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more