テーマ:独り言

国際宇宙ステーションが見えた

去る八月二日、国際宇宙ステーションが肉眼で 本県でもみえるというので南西の空を見上げた。 一本の白い筋、国際宇宙ステーションをしばらく追うことができた。 宇宙ステーションには、JAXAの宇宙実験棟「きぼう」があり 様々な宇宙観測、実験をしているという。 上空四百キロの軌道をまわるといい、明るさも二等星程度というから 肉眼…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

土用の二の丑の日

今年の土用丑の日は、久しぶりにウナギを食べた。 家族は誰も食べないので、一人で食べるしかない。 今年は二回、丑の日があり、八月二日は二の丑の日になるという。 丑の日は年四回、立春、立夏、立秋、立冬に当たる前十八日の間 の干支の丑の日をさす。 でも、いつからか熱い盛りの夏の丑の日を指すようになったという。 一の丑は七月二十…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新種いちご「とちあいか」

とちおとめとスカイベリーの間に位置する イチゴの新種の名前が「とちあいか」に決まった。 いちごの縮図にどう影響するか。 これまでにも開発の情報はあり、「栃木i37号」と呼んでいた。 開発は八年前かららしい。一般栽培にしてから二年目にあたる。 市場にでるまでは長い研究が続くものだ。 今回名前を決めるのに、消費者の声を聴いた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

七月は毎日が傘マーク

先日、地方テレビをみていたら「三十三」という キーワードがあり、何のことかとみていたら 三十三日間、毎日、雨が降ったという数字だ。 どうやら六月後半から雨が降り、予想される梅雨明けまでに 連続雨日が三十五日を超えるだろうという。 自粛もありこんなに降ったのかという印象はないのだが 全国の豪雨被害を聞くにつけ、何でこんなに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最近の葬儀事情

コロナ禍で、お葬式も変化している。 感染防止で会葬を辞退する方も多い。 せめて最後のお別れをと悼む気持ちは強い。 最近では年忌法要でも、自宅でテレビやタブレットなどで、 お坊さんのお経をあげる様子をみて、供養するというもの。 お寺さんに行けない高齢者の方や施設で生活している方、 海外など遠方で参加できない人にはありがたい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

腕時計も使わないとダメ

約二週間前に、原因わからず腕時計の時間が狂った ブログを書いたが、原因わからず様子見をしていた。 その時、部屋にある柱時計の時間がみんな違うこともわかった。 その腕時計の針の動きがギコチなく馴染みの時計屋さんに持ち込んだ。 秒針が動こうとしている。裏蓋が錆びていて開かない。 修理になると、かえって高価になってしまうという。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日、24日はオリンピック開幕だった

手帳に二十四日、赤字でオリンピック開幕と記されている。 新型コロナウイルス感染で一年延期になった。 最近のコロナ禍の状況では、本当に開催できるか心配だ。 開閉会式や競技の予約はしていないが、やはり気になる。 我が県でもオリンピックや国体に向け着々と準備を進めてきた。 新らしいスタジアムもお披露目がないままになっていた。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宇都宮空襲

七月十二日はわが町が空襲された日だ。 新聞に体験談の特集が組まれた。 当時、小学生の頃の方の証言が綴られる。 戦争の悲惨さは知るには、七十五年という時間が邪魔をする。 そのたびに、当時の状況を語り聞かせる場ができる。 私は終戦二年後に生まれ、戦争は知らないが、 焦土した情景を写真などで目にすることは多い。 広島の原爆ド…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

駐車場探し

今まで会社の駐車場の一部を借りていた。 その会社が閉じることになり、駐車場を探すことになった。 できるだけ、自宅から近いところをと思うのだが見つからない。 自宅には二台分があり、時々、住宅地内の道路の駐車スペースを使う、 それでも、娘たちが帰ってくると駐車場がない。 休日と夕方から朝の会社が始まる前の間だけ借りていた。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

時計の時刻が皆違う

孫の幼稚園に迎えに行くといつもの混雑と違う。 今日は到着が遅かったからと妻がいう。 腕時計をみると迎えの時間の十分も前なのに。 どうも、腕時計が遅れていたのだ。 家に戻り家中の時計をみると、全部、差す時間が違う。 台所、応接間、茶の間、母の部屋、二階の二部屋、 そして携帯に自分の腕時計、みんな違うのだ。 腕時計の約十分…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

毛虫

今年は、ハナミズキの葉っぱが枯れている。 よくみると、白い幕のような袋の中に毛虫が。 多分、アメリカシロヒトリという毛虫だろう。 用心して今年はすでに二回ほど薬を散布したのに‥‥。 いつも隣の家の柿の木から始まる。 あっという間に葉が黄色くなるので、来たと思い薬を駆ける。 薬が合わないのかな。かけたあとも広がっているよう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マイナポイント

キャッシュレス決済の還元策が終わり、新にマイナポイント制度が 始まった。マイナンバーカードの普及率を高め、 経済の活性化にもつなげようとするする取り組みだ。 コロナの支援策で給付の遅れが問題になった。以前から問題視されていた マイナンバーカードと個人への紐付けだ。 今回のマイナポイント事業は、キャッシュレス決済をすると …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

磯山神社の紫陽花

時期的に紫陽花が見頃を迎え、あちこちの名所が紹介されている。 これまでは紫陽花といえば大平山のあじさい坂だけだった。 ところが近隣でもいいところがあるのだ。 そのひとつ、隣の鹿沼市に「磯山神社」があり、 そこの紫陽花がいいという。 午後、幸いに雨があがり車で二十分のところに出向いた。 雨上がりでもあり、この鬨を待っていた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

黄ぶなとアマビエ

コロナ禍で、なんとかこの疫病と闘おうと 昔の人が考えた信仰伝説が人気を博している。 黄ぶな伝説もその一つだ。 亡立松和平さんが黄ぶな伝説を聞いて「黄ぶな物語」を書いた。 自然破壊が進む世に警鐘を鳴らした作品でもある。 図書館でその読み聞かせをユーチューブにアップした。 山の木を伐り、たんぼをつくり人々は幸せを掴むと更に欲…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紫陽花の鉢替え

県の農業試験場で開発された紫陽花を 母の日に妻が娘からもらった。 「パラソルロマン」という花名だ。 ピンク色でてまりのような大きな紫陽花だ。 八重咲きでボリュームがあり、パラソルを広げたような花だ。 通常、紫陽花はプラスチック鉢に植えられ販売されている。 咲き終わると剪定をして地植えか、一回り大きな鉢に替えるという。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雨どいから雨水ジャージャー

以前からうまく雨水が樋を流れない。 四月の後半に、高い脚立を購入し修理を試みた。 雨のあと、その結果を観たのだが、相変わらずジャージャーだ。 何を直したのか、葉くずをとりつなぎ目の位置を変えたかな。 本当のところ、体が不安定でよく見えないまま作業をした。 なんとも体が不安定。落ちでもしたら一大事。 やはりプロにお任せする…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アベノマスクが届いた

相当な資金を投入した国のアベノマスク。 我が県内では、まだ五割程度しか届いていないという。 品薄状態で大騒ぎが続いて、今では普通に買えるというのに。 手作りマスクが流行し、マスクを必要とする施設や人に寄付する 運動も増え続けている。 なのに、政府が緊急事態に備えたマスクが届いていない。 やっと届いたと思ったら、使わない、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コロナ定額給付金がやっときた

オンラインで申請したが、住民基本台帳と違うから 書類で申請するよう要請された。再申請したがその結果は? いったいどうしたのかとヤキモキしていた。 振り込む通知をだすとあったのだが何もない。 通帳の記帳をしたら振り込みがあったことがわかった。 オンライン申請から1ケ月半要した。早いのか遅いのかわからない。 ちなみに、世帯分…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

県民の日

我が県民の日ができてから三十五年になる。六月十五日だ。 特別な思いがあるわけではないが、遊園地の無料開放はじめ 様々な企画があり、県民にとっては利用しがいがあるものだ。 コロナ禍により、初めて大々的なイベントは中止になった。 それでも、注意をはらいながら、チョコチョコと外歩きを始める。 こうなると、県民の日にちなんであちこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゴーヤの苗植え

近所の方からゴーヤの苗をもらった。 毎年、取れたてのゴーヤをもらうのだが、今年は苗だ。 プランターに植えることにした。 ホームセンターで簡易網棚のセットを買い、準備を始めた。 プランターは、今までのお古で土をふるいにかけ 肥料をまぜた野菜用培養土で苗床をつくる。 さて、網棚をどこに置くか、庭先の空いたスペースは孫たちの …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラウンドアバウト(環状交差点)

あまり日本では聞かない道路の交差点のことだ。 ヨーロッパでは随所にみられるものだ。 海外でその交差点を何度か経験したことがある。 いくつもの道が交差する場所にサークルがある。 その中心になる島の周りを一方向に周回するもので、 信号も一時停止線もない。形態が同じようでも 信号や一時停止線があるものもあるらしいが、 それら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サボテン?の花が咲いた

長女がホームステイした時、小さなサボテンを持ち帰った。 それがいつの間にか増えてしまって、ふっくらした肉厚の葉は 孫たちがむしりとり、長い茎だけが目立つ。 その茎の先に赤い小さな花が咲いている。 多分に「玉つづり」という品種だと思うが定かではない。 多肉植物なのでサボテンとは違うかな。 今やサボテン人気も相当なもので、店…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アンブレラスカイ

数年前、近隣のショッピングモールで傘が吊り下げられたという 新聞をみて尋ねたことがある。 今回、花木を観に近くの大きな花木センターを訪れた。 すると、植木棚間を見上げるとたくさんの傘が吊り下げれている。 どうも、傘を吊るすことをアンブレラスカイというらしい。 梅雨時期限定の企画らしく、国内でも至るところで行われているらしい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コロナ特別定額給付金の書類申請

オンライン申請したものの、対象が住民基本台帳と違うことで 受付ができなかった。書類で再申請するよう連絡があったのだが その書類が、一ケ月経過しても届かない。 どうも、我が町は五月末から書類の送付がはじまったという。 マスクは届かないし、給付も遅くイライラするな。 緊急事態の対応は、タイミングが大事で、ありがたみの効果が全然…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コロナ、緊急事態宣言が解除されたが‥

気持ちの上では少し不安が和らいだ。 でも、解除後、我が町では感染者が散発している。 同じ市内でのこと一層不安が続く。 これまでの感染者の濃厚接触者というから、経路が明確なので それはいいが、最初の感染者の経路が不明なのだ。 張りつめていた行動が解除宣言で緩んだのかな。 その後の発生は、逆に不安が増大するものだ。 私の行…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブログPV、十万回

ブログを始めてからPV(ページ閲覧回数)が十万回に達した。 ユーチューブが何百万回数の時代、驚く数字でもないが 自分の日記を他人様が十万回も見てくれたのだ。 定年の一年前からスタートし、職場の同僚に初めたからと 言うと、しばらく閲覧し「あまり人の生活を覗くのもねと」という 反響もあって、生活の様子がわかるらしい。 通常、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

電子証明書の更新

電子証明書を作ってから五年が過ぎた。 更新通知がきて、市民センター窓口に出向いた。 受付番号をとり一端窓口に案内されたのだが。 大変な混雑ぶりなので、おかしいと思ったら、 案の上、三時間待つがいいかと言われた。 この時期は、コロナ特別定額給付のオンライン申請が始まり こぞってマイナンバー申請をする人が続出したらしい。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミュージカルのパンフレット

本の整理をしていたら、ミュージカルや観劇の際の パンフレットの束がでてきた。 当日、観劇した際に購入したものだ。 時間がたっぷりあるので、一冊ずつめくることにした。 この手のパンフレットは、約十五年前に遡る。 最初は、亡、森光子さんの「放浪記」だった。 次に、今も時々でかける、劇団四季の「オペラ座の怪人」だ。 二〇〇六…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

うまいⅱ パンケーキ

このところ、お昼に娘がよくテイクアウトしてくる。 外の食事はあまり食べない。お昼あるよというのだが。 妻もお店への支援のテイクアウトだとすすめているのだ。 今回は、パンケーキを買ってきた。 そんなもの食事ではないと馬鹿にしていたのだが それが、なんとまあ美味しい。 パンケーキもうまいが、トッピングしたバナナがなんともいえ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

子供の日の光景

遊園地も運動公園も駐車場は閉鎖になっている。 いつもなら、家族連れで賑わうのだが。 今年は人影は見えない。 ところが、近くの川沿いをウオーキングしていると 魚釣りや小さなテントをはり、家族で過ごしている光景が多い。 川べりロードを自転車の練習だろうか、元気いぱいだ。 住宅街の川べりでも、小さな子供を連れたパパたちの姿が多…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more