テーマ:旅行

五百円玉ができない

海外旅行の準備金として、五百円玉貯金を続けている。 もう初めて十年以上になる。 いっぱいになれば三十万円になる貯金箱だ。 最初にあけたときは予定金額にはるか届かなかった。 次からは缶をゆすりながら入れると、ゆうゆう三十万円を超えた。 海外旅行費用の足しにと始めたのだが、なかなか貯まらない。 いっぱいになると開けて預金して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

城南五山巡りがキャンセル

JR大人の休日クラブ主催の「城南五山めぐり」を キャンセル待ちで申し込んでいたのだが外れた。 むしろコロナ感染騒ぎの最中だけに内心ホットした。 城南五山とはスリバチ状の地形で五ツの山の総称だという。 昔から有名な方の邸宅があったりして高級住宅地でもある。 山の手線の内側、目黒駅から品川駅界隈の地形にあるという。 五山とは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国内旅行先マップ

先日、これまで出かけた海外旅行先のマップを整理した。 行先の国に好きな色を塗り、渡航年月、場所などを記入した。 定年過ぎてからの旅だが、結構、出かけているものだ。 そのマップの裏には国内の旅先マップもある。 海外と違い、結構若い時からとなると年月など思い出せない。 何歳頃とか子供の何歳頃かなという程度だ。 当時のことはよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

海外旅行説明会

海外旅行の説明会があった。 地元開催があるときはできる限り参加することにしている。 尤も予約制なので必ず行けるとは限らないのだが。 当面の予定はないのだが、情報の仕入れ程度の目的だ。 幸い、イタリアと中欧の説明会への予約がとれた。 十時からがイタリア、十二時からが中欧だ。 イタリアも急速にコロナ感染がひろまり大変なことに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パスポートの更新

パスポートの四回目の更新時期がきた。 更新後十年間、果たして海外に行く機会があるかどうか。 行けるよう元気でありたいと願う。 インターネットから、申請書をダウンロードして記入。 写真はスピード写真機で取得。何か色が変だけれど自分の顔だ。 妻ははきれいに写らないからと、専門店で撮影してもらった。 そんなに違いがないだろうけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

二回目の青春18キップ

昨年末に購入した青春十八キップが1回分残っている。 利用期間がまであと数日間しかない。 JR只見線にでも乗ってみようか。 でも、現地の天気はよくなく利用最終日になってしまった。 会津若松からバス、只見線に乗り写真を撮るコースがあったのだが バスの出発時刻に間に合わせるには、前泊しないと無理なのだ。 仕方なく今回は只見線を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

行ったことあるマップ

先日、定期的に届く旅行会社のパンフレツトの中に マップが入っていた。 今までに行ったことのある国、県に色を塗るというものだ。 旅行をまめに始めたのは定年まじかである。 最も子どもたちが小さい頃は、キャンプをしていた頃もあり それも旅先といえば「行ったことがある場所」でもある。 いざ、いつ、場所はとなるとメモにできない。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お尻が痛い

見鉄でも乗り鉄でもないが、青春十八切符を使って 気仙沼方面に出かけてきた。 年寄の限界を頭に入れながら、どこまで乗り続けられるか。 一泊二日で距離は千二十八km移動。十四回の乗り替え 新幹線で途中ワープしたりして約二十一時間を乗った。 名前がつく八路線の中には初めて乗った路線もある。 ドラゴンレールの大船渡線とBRT、ゆ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JR時刻表

青春十八キップで一度旅行がしてみたい。 夏は9月10まで利用できると妻がいう。 とりあえずキップのみ購入した。 よく考えると1日どこまで行っても二千三百七十円だ。 お得と言えばそうなのだが普通電車のみの利用なのだ。 最近、普通でもグリーン車を使うし、新幹線もよく使う。 そんな老夫婦が鈍行で旅にでるとは。 時刻表が必須ア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アメリカ西部大自然紀行

昨年、この旅行を予約していたが、体調の関係で 大事をとりキャンセルした。 そのリベンジで今回グランドサークルを回ってきた。 グランドサークルとは、ユタ州とアリゾナ州の境に人造のパウエル湖がある。 そこを中心に半径二百三十キロの円を描いた時、 そのサークルに入るエリアのこと。 十の国立公園、十六の国定公園、州立のモニュメン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冬の箱根旅

大分昔、一度だけ大涌谷に行った記憶がある。 二〇一五年に有毒ガスの発生で近くまでいけなくなった。 翌年,一部の立ち入り規制が解除されていた。 なにせ見たいところは多い箱根なので欲張らないようにしたい。 朝七時の電車で新宿へ、そこからロマンスカーで箱根湯本駅へ。 天候も気がかりで、晴れたら大涌谷方面に行くと決めていた。 帰…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

葛飾柴又 寅さん記念館

東京上野に出かけた折、柴又に立ち寄ることにした。 妻が以前から行きたい場所のひとつだった。 柴又には亡叔母が住んでいて、自身何度か訪れてはいたのだが。 寅さん映画では有名な場所で、行ったことがなくても なんとなく下町情緒の漂いと懐かしさを感じさせるところだ。 柴又駅をおりると駅前に、「フーテンの寅像」と「見送るさくら像」が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紅葉 琵琶湖のまわり12景

京都への紅葉は今回で三回目になる。 今回は琵琶湖の周りで紅葉スポットを巡る。 奥琵琶湖は初めて行くところでもある。 参道を埋め尽くすもみじの赤はすごいという鶏足寺。 でも時間なくそこまでたどりつけず遠くから眺める。 マキノ高原のメタセコイア並木は雲が垂れ込み夕闇がせまり 翌日、早朝の観光になった、初日からイヤな予感だ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人形山車のとちぎ秋祭り

隔年開催になったとちぎ秋祭りにでかけた。 江戸の名残り、人形山車が繰り出す祭りだ。 今回は巴波川にくりだすというので楽しみにしていた。 とちぎ市といえば、舟行と蔵の街で小江戸とちぎの愛称もある。 季節を通し様々な催し物が開かれ、たびたび出かける。 今回の秋祭りは商工会創立百二十五周年の記念開催と聞いた。 名物の山車は、一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フラワーワールドのケイトウの丘

那須には遊びどころ、見所が大分増えた。 秋の花、ケイトウが咲く丘があるときき ネットの写真があまりにもきれいなので出かけてきた。 体調崩してから車での長距離はひかえていたのだが 天気は晴、連休の中日で混雑が予想されるが リハビリと思いハンドルを握る。 一種類の花が咲き乱れる公園では、ひたち海浜公園の ネモヒイラ、市…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小江戸川越

連休に入ったが何も計画がない。 どこかに行こうかということになっていたのだが…。 突然、川越へ行こうと決まった。 車は混雑予想で電車にした。 混雑の程度がわからないが、JR川越駅内で 観光案内所に群がる様をみて相当な混みようだと覚悟した。 案内所で説明を受け、パンフレットを片手に歩こうとしたが 大分距離もあるようで、観…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伊勢神宮と熊野三山

特別な何かがあるわけではないが 早い時期に伊勢神宮にお詣りをと思い 出かけてきた。 ついでにサミットが開かれた賢島にも足をのばして。 新幹線と特急を乗り継ぎ、熊野三山へ。 その後、伊勢神宮、鳥羽、賢島への二泊三日の行程になる。 熊野もお伊勢さんも神聖なところなのでゆっくり詣で したかったのだが、かなり強行になった。 …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ひさし振りの紅葉

ここ数年、あえて紅葉狩りはしていなかった。 塩原温泉の紅葉は十一月中旬頃まで 見られると思い出かけてみた。 綺麗な紅葉で印象があるだけに期待していたが もうすでに終盤、落ち葉の吹き溜まりのドライブになった。 そこで鬼怒川温泉を抜け、日光の東照宮を目指す。 新しくなった東照宮はすでにみているが、 妻がみたいというので来て…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三度目の北海道

自身、北海道は三度目になるが 「ゆっくりめぐる二度目の北海道」の旅名で 道東を中心にめぐった。 羽田発が約一時間三十分遅れ。 お詫びにと千円の無料買い物券がでた。 今回は集合時間がわからず、リムジンバスの 乗車券もギリギリで、なにかとスタートから怪しい雲行? 行程は裏摩周湖、神の子池、知床五胡(写真)、知床岬を船で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

足立美術館

二泊三日の予定で広島方面に出かけた。 錦帯橋や宮島には行ったのだが 今回は、原爆ドームや平和記念資料館が目的だ。 一度、被爆の状況を残された生の記録を見てみたい。 オバマ大統領の来日で何故かせかされた感じでもある。 様々な記録をみて被爆した広島や長崎の方々の沈痛な思いと 平和への願いに共感した。 これでトンボ帰りともい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新幹線で北陸へ

金沢方面には何度か足を運んでいる。 でも、北陸新幹線はまだ乗っていない。 大人の休日クラブ会員特典を利用してでかけてきた。 いつもなら土日なのだが、土曜日が混雑し予約が取れない。 仕方なく北陸フリーキップを活用し、芦原温泉まで行くことにした。 金沢から南に約三十分、近くに東尋坊があったりする。 昼前には芦原温泉駅に着いた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラ・マンチャの風車

スペイン旅行から二ケ月もたっているのに わけありで、写真の整理もブログもできていない。 やっと思い出を書くことができるようになった。 十月末から十一月初旬にスペインを旅行した。 サグラダ・ファミリアはじめ、ローマ帝国の名残りがみられる国だ。 食べ物も日本人好みで、バルセロナもいいが地方がもっといいと…。 滞在経験のある先…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

姫路城

改修後、なるべく早く観たいと思っていたが 直後の混雑ほどではないというが それでも朝早くから大混雑だった。 今回は、安芸の宮島、錦帯橋、萩の城下町、秋芳洞をまわり 門司港から瀬戸内海をクルージングして新神戸港に。 それからお目当ての姫路城に。 ついでに、雲海に浮かぶ竹田城にのぼってきた。 姫路城の白壁の白さは異様な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

乗ってみたい北陸新幹線

北陸新幹線が開業した。 東京から約二時間三十分で金沢に行ける。 寝台特急が次々と姿を消す中,寂しくもありわくわくもある。 昔,上越新幹線で越後湯沢まで行き,特急はくたかで金沢へ。 金沢から特急サンダーバードに乗り換えて和倉温泉まで行った。 宇都宮から五時間くらいかかったかな。 それが,上越,信越経由で北陸までつながった。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蔵王の御釜

迎えに来てくれた旅館の方に 「御釜が見られてラッキーですね」と言われた。 下界が晴れていても雲がかかって見られないことが多いという。 数年前,最上川の舟下りが川の増水で中止になった。 電車は動かずバスでの振替輸送になったことがある。 今回,再度の最上川舟下りに山形を訪れた。 面白い船頭の案内で笑い放しの九十分で 前回中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アドリア海の真珠

クロアチアを旅した。 家並みに統一感がありすごく綺麗なところだと聞いていた。 宇宙からみると最も海が蒼いらしい。 テレビの旅行番組でも旅行雑誌でも前評判がよい。 今までの海外旅行の中でも、三九名と一番多い参加者だ。 直行便でなく、ドイツのフランクフルト乗り継ぎで オーストリアのグラーツ空港でおりた。 バスでスロベニアの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金歯やお歯黒のお雛さま

あいにくの雨で外にでるのにも億劫になる。 それでも新車が乗りたくて、でかけた。 高速で一時間ほどの「真壁の雛まつり」だ。 先月は伊豆稲取の「吊るしひなまつり」を観てきた。 この時期は、ブームなのかどこでもお祭りが開かれている。 この真壁は石の街でもあり、歴史ある旧家が多い街だ。 江戸から昭和、平成までのお雛さまが飾られて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

早咲きの河津桜

一度は観たいと思っていた河津桜。 桜祭りが始まってから約一週間がたった頃 少しは咲いているだろうと期待してでかけた。 スーパー踊り子もほぼ満席。 数日前に大雪が降り、桜開花の期待が持てない。 電車の中でも車掌への質問の多方は、桜は咲いている? 半ば諦め、代わりにと途中下車して、 稲取の吊るし雛飾りを先に観ることにした。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トルコ8日間の旅

すでに旅行から帰ってきて二週間になる。 写真の整理もできないでいる。 自治会関係の行事が続いていて手がつかないのだ。 旅行をすると、紀行文を書いて、写真集をつくり アルバム整理とやることはあるので楽しみでもあるのだが。 今回は、イスタンブールの暴動などもあり 一度キャンセルし、再度、申込みし直しての旅になった。 親日派…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

車で房総へ 大山千枚田

車で泊りがけで遠出することがなくなった。 子供が小さい頃は、車ばかりだった。 今回は房総へでかけた。約六百キロのドライブだ。 都心をさけ、高速道路もあまり使わずと計画した。 初日は約二五〇キロ、二日目は四〇〇キロも走った。 ナビを使っても三度も間違う妻の運転。 斜め右との案内でも実は直進だったり、微妙に言葉に 惑わされ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more