つぶやきkeibo

アクセスカウンタ

zoom RSS 二宮尊徳の教えが世界でも話題に

<<   作成日時 : 2006/11/24 20:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

二宮尊徳というより二宮金次郎の方が記憶に残る。
背中に薪を背負い本を読んでいる姿をを思い起こす。

最近、中国大連の大学で、尊徳の研究家たちが集まり
尊徳の思想研究が紹介されたという。
中国はじめ今、尊徳の何に注目しているかだ。
尊徳は小田原藩を始め、栃木県内の農業改革を進めたとされる。
その鍵が4ツの教えにあるという。
1ツ目は至誠である。理屈などいわずまことの心で尽くす
2ツ目は勤勉。自然の恵みに感謝し、一生懸命働く
3ツ目は分度。収入に相当する生活をする。(節約)
4ツ目は推譲。余ったものは、社会や子孫に譲る

個人主義や拝金主義に走る世の中で、超格差が生まれつつある。
人のことを考え、自助、共助のできる人間が多くいれば元気がでる。
戦前は尊徳思想が生きていたというが、今はどうだろう。
現場もみないで理屈だけで通すし、談合や脱税や自分の利にむさぼり
困ったものだ。
教育問題にしろイジメにしろ、尊徳思想が崩れた副産物かもしれない。
我が郷土を中心に(二宮町、旧今市市)活躍した偉人だけに
親しみがわく。

ところで私はというと、至誠と勤勉だけは備えているが、
どうも分度や推譲の心は大分不足しているようだ。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
二宮尊徳の教えが世界でも話題に つぶやきkeibo/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる