今年、最後の写真展

今年も多くの写真展を覗いた。
今回は、日光の自然博物館で開催されている、大型の写真展と
最近、多くなってきたアクリル板写真展のはしごである。

自然博物館では日光の四季を収めた大型パネルが展示されている。
春夏秋冬を切り取ったものだ。
どれをとっても、撮影の立ち位置は自分と同じなのだが
何かが違う。朝早くから真夜中までの日光が撮られている。
若い頃の、自分の行動時間帯をみるようだ。
大きな写真の迫力に魅せられた写真展だった。

次に訪れたのは、日光杉並木ギャラリーというところだ。
小さな駅に隣接するギャラリーで、自身は年間四~五回観に行く。
最近、流行?のアクリル板印刷の写真展である。
普通は、写真用紙に印刷するのだが、アクリル板に印刷した写真で、
透明感ある色合いが人気らしいのだが、チョット高価。
主催するこのグループも途中からこのアクリル板印刷の
写真展をするようになった。
発色もよく見栄えは素晴らしいが、その印刷には技術も必要で
やり直しが簡単にできないという情報もある。
でも一度は試してみたい写真印刷でもある。

いずれの写真展も何度もみた光景ばかりだ。
でも自分には撮れなかったのも多い。
同じ場所でも撮影条件は毎回違う。一瞬の切り取りなのだ。
亥年最後の写真展になった。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント