自然界とコロナ

不要不急の外出要請と裏腹に自然の移ろいが外に誘う。
花粉症といわれながらも、桜や菜の花をみたい。
いつもの移ろいをみたく近くの名所で出かけた。

琵琶塚古墳の桜と菜の花、江戸の舟運乙女河岸。
昨年のこの時期の手帳をみると、二週間くらい早いのだが。
新型コロナの感染拡大の上を桜前線が通り過ぎようとしている。
外にでたいがチョット二の足を踏む。
いつもの桜スポットのイベントはすべて中止だ。
春の自然界はコロナの感染拡大と無関係なように花開く。
万全な備えをして、川べり、公園内を歩くのだが、
やはり、シーズンとわかっていても人は少ないな。

乙女河岸公園は土手の思川千本桜と菜の花の饗宴が素晴らしい。
この場所を見つけたのは三年前。
当初は菜の花が一面に咲き乱れるとの話から来たのだが
なんと千本桜が咲くとさらに映えるのだ。
約十年前に、この土手に思川桜の里親として市民が植えたという。
里親カードをみていくと、様々な市民の思いが伝わってくる。
新築記念、家族の健康を祝い、子供の誕生祝い、入学祝、友人の証記念
末永く記念に還暦記念などなど桜の木一本一本に思いが込められている。
十年前に植えた桜が、こんなに大きく成長している。
里親たちの思いはひとしおだろうな。

そんな感慨にふけっていると、川岸には昨年の台風十九号の爪痕が残る。
大きな流木に絡みつく残材やゴミの跡、川岸もえぐられている、
水没し荒れたグランドの土慣らしの跡などなど。
それでもいつものように菜の花が咲き乱れ、思川桜が咲いている。
あんな大水害でズタズタになっても、いつものように花開き
一年をスタートしているのだ。
コロナ騒ぎの地球なのに、しぶといな、強いなと思う。

菜の花を積んでいるご婦人方があちこちにいる。
お浸しにでも使うのかな。
のどかな景色を眺めていると、外出自粛の罪悪感がスート抜けるようだ。
IMG_6405.JPG

東京オリンピックが延期

東京オリンピックが延期になった。
新型コロナウイルス感染拡大が止まらないからだ。
延期はオリンピック史上初めてのことだという。

中国武漢で起きた新型コロナ、当初はパンデミックになろうとは
誰が予想しただろうか。
日本でも、寄港した豪華クルーズ船、ダイヤモンド・プリンセスから
端を発し大変なことになった。
水際対策、隔離、市中感染、濃厚接触者、クラスター、都市崩壊などなど
多くの言葉も飛び交った。全世界でコロナ感染拡大と闘っている。
早い終息を願うばかりだが、延期発表から間もなく、
首都東京に外出自粛の要請が発表された。
人が動くことでの感染リスクが高まるコロナ、むしろ、北海道より
早く自粛要請がでるだろうと思っていたのだが。

誰かが「呪われたオリンピック」と揶揄したように、
未知の驚異を表す言葉には、不安を増幅する響きがある。
世界的イベントには予想もしない大きな壁が立ちふさがるものだ。
多勢の人が、頭の隅では開催は無理だろうなと思っていた。
それでも、平和を願うスポーツ祭典として継続してきた歴史がある。

聖火ランナーに選ばれた人たちや、準備に膨大な時間をかけた方々など、
その想いは複雑でもある。でも、中止ではない。
二〇二〇東京オリンピックとして再生できるのだ。
多くの課題はあるものの、難問を克服したあかつきの祭典は
感激もまたひとしお、頑張ろう。

百三歳で聖火ランナーに選ばれた地元のおばあちゃん、
無理せずトレーニングに励んでください。
来年、その姿をみるからね。



手づくりマスク

トイレットペーパーやテイッシュは店頭に並ぶようになったが
マスクの品薄状態は相変わらず続いている。
そんな折、 手作りマスクの話題もチラホラ。

山梨の中学一年生女子が、六百枚も手作りマスクを寄付したという。
材料費は貯めたお金を八万円を使ったという。
高齢者がマスクを買い求める姿をみて、何か自分にできる
ことはないかと思い立ったというからすごい。

我が家が日常的に使うマスクの箱も底が見えてきた。
妻も洗濯し再利用を始めた。
次女はすでに手作りマスクをつくったという。
そんな時、他県にいる娘が帰郷してきた。
夕食前から妻と裁縫道具を持ち出しマスクをつくっている。
娘が適当なサイズに合わせ裁断する。
妻がそれを縫い合わせる分業のようだ。
「縫い目が見えない」と娘が驚く。
「そういう縫い方をしているからさ」と妻が言う。
さすが「家政科」、どうも妻の高校の専攻科目だそうだ。
茶化しあいながら数枚のマスクをつくり上げた。
可愛い柄物マスクだ。

山梨の女子中学生のようなわけにはいかないが、
それでもマスクをつくってみようと思い立ったのは素晴らしい。
マスクが手に入らなかったらどうしようの不安からか
「作れたから これでひと安心」の一言。実感こもるな。


かっけし

地域のお薦めウオーキングマップをみていたら
「かっけし」という名所が飛び込んできた。
幸い、自宅から車で二十分くらいのところで近い。

県の中央付近を流れる川のひとつに鬼怒川がある。
江戸時代には舟運が盛んで多くの河岸があった。
石井河岸もそのひとつで、宇都宮氏の重要な河岸だったとされる。
その石井河岸跡に、奇妙な形の堤防が連なる。
三角錐に組みあげた水防具である(写真)
地元では「かっけし」とよんでいるものだ。

山梨の戦国武将、武田信玄が考案した「水制防具」がある。
水制とは水の勢いから川岸の浸食をさけたり水害を防ぐ施設のことだ。
甲府盆地の釜無川と御勅使川の合流部にある「信玄堤」は有名だ。
武田信玄と宇都宮氏は親交があって、この「かっけし」とよばれる
ものを造ったらしい。
一段高い土手にはさくら堤まであり、信玄堤のようにも思える。
この場所を名所にしようと地域の方も奮闘している。

近くには石井河岸菊池記念資料館もあり、江戸時代の舟運の様子を
知ることもできる。宇都宮城近辺には七ツの河岸があったが
今は面影もなく、資料として残されているのはここだけだ。

昨年は中小河川が氾濫し多くの水害被害があった。
水量計で危険を知らせることも大切だが、「かっけし」のような考え方、
自然の力を利用した水防は、小中河川には使えるかもな。
IMG_4390.JPG



ヒトメタニューモウイルス

下の孫が保育園で風菌をもらったようで熱があるという。
ジジババで預かることになったのだが、なんとも鼻水、
くしゃみがひどく、かわいそうだ。

ママが病院につれていくと、ヒトメタニューモウイルスによる
感染症らしい。でも熱は下がったが保育園には行けない。
この時期、幼児によくかかる感染症だという。
それでも、熱が続くとどうしても心配だ。
それから、私も喉がイガイガして、風邪の始まりの兆し。
早目に耳鼻科で喉、鼻水の薬をもらった。
なんと花粉からくる炎症だという。花粉症って初めて言われた。
若い頃、なんでもなくても高齢になり花粉がたまってくると
花粉症になる人も多いそうだ。
それから数日後に咳が出始めた。
一度、こんな症状から肺炎を起こしてしまったことがある。
症状が治まってからも、肺の影が気になると大学病院で
検査をしたが、幸い何でもなかった。
そんな過去があるから、咳がでると気が気でない。

経緯を耳鼻科で話しても、聴診器は当てないので、
薬が切れる前に。今度はいつもの内科で診てもらった。
ここ数年、このお決まりコースになっているからおかしい。
聴診器を当ててもらい、血液検査で白血球、感染症を調べる。
ここでも孫のヒトメタニューモウイルスを伝えたが無視された。
何でもないので抗生物質も飲まず、鼻水、咳を抑える対症療法だ。
それでも引き始めから直るまで約十日を要した。
これで年一回の風邪騒動がおさまった。

感染症といってもウイルスの種類は多い。
最近のコロナウイルス感染症の治療薬はない。
だから対症療法で人との接触を避ける、熱を下げる、咳を抑える
手をよく洗う、マスクをする、うがいをするなどになる。
こんな簡単なことが、有効だという。
元気な時は、なんとも実行しない所作だが、習慣になるといいな。

孫たちの手洗いやうがいも、とっても上手だ。
ジジババも見習わなくてはと思う。







全ての行事に自粛、自粛

新型コロナウイルス感染拡大防止に、あらゆるイベントが
続々、中止に延期にと迫られている。
そんな中、身近な仲間の集まりにも影響がでている。

定年退職者の集まりの組織に入っているのだが、
時間をかけて手作りの行事が次々と中止になった。
市中感染が否定できないこの状況では仕方がないことだが
終息の兆しも見えず、全ての国民が疲弊していると感じる。
この時期に流行する花粉症やインフルエンザでも、
周りで咳をすると、その先を見つめてしまう。

先日もスーパーのレジに、ひどい咳をしていたご老人のあと
に並んだが、マスクもしないでひどい咳をしている。
しかも、手でおおうわけでもなく、裏側に向きをかえてしている。
つい反射的にその方と距離をおいて別のレジに並び変えた。
その方のレジの後続者は誰もいなくなった。
咳≠コロナと防御する反射行動が蔓延し始めた。
普通の咳かもしれないが。こんな時だからこそ、
個人のエチケットとして、飛沫防止策をして欲しいと思うばかりだ。

我が組織の役員会合でも、急にマスク着用の連絡。
通常二時間の定例会議だが、三十分強で終わった。
机は出さない、椅子のみでの会合。
図書館併設施設の市民センターだが、図書館も休館中なのだから
無理な開催だろう。

この自粛ムード。いつまで続くやら、早く方向を示さないと
オオカミ少年と同じ、何いっても信じられなくなるよ。
やっとトイレットペーパーが買えたと娘からラインが。
マスクはまだ棚にないようだ。











川上澄生美術館

鹿沼市にある川上澄生美術館に行ってきた。
これまでにも何度か訪れている。
今回は、木版画をやってみようかなという狙いがある。

すでに必要な道具は揃っていて、作品をいっぱい見ておきたい
と思うからだ。
川上澄生の版画の印象は、南蛮船とか地図とか武者の作品が
気にいっている。なんとも繊細な図柄がいい。
多色摺りもあるが、墨で摺ったあと手彩色した版画もある。
その作品がまたいいのだ。
実際に木版画をやってもいないうちに、あーだこうだは
いえないが、ピンとくる作品があれば好きになるきっかけになる。

同時開催していた水彩木版画展の大賞作品が展示されていた。
受賞者は杉山衿香さん。
鹿沼市と墨田区は友好交流関係にあり、墨田区でも本展が開催された。
墨田区は葛飾北斎のが生まれたところで「すみだ北斎美術館」がある。
自分が思う版画のイメージが覆された作品が並ぶ。
あとでわかったのだが、一口に版画といっても技法をふくめ
多様にあるようだ。いったい水彩木版画ってどんな表現方法なのか。
いくら説明をみてもさっぱりわからない。
自分の中では、版木に下絵を描いて刀で掘る。凸部に墨を塗り
紙を乗せてバレンでこする。いくつも色を重ねる時は、その色の分
下絵の掘る版木が増える。
墨の黒と紙の白のコントラストが映える。
黒の線は太い方が印象が強いので、下絵は簡略した方がよいらしい。

小学生の頃の美術の授業だった。
懐かしいな。どんな絵柄にするか、雪景色がいいかな。
そんな写真をさがしている。


城南五山巡りがキャンセル

JR大人の休日クラブ主催の「城南五山めぐり」を
キャンセル待ちで申し込んでいたのだが外れた。
むしろコロナ感染騒ぎの最中だけに内心ホットした。

城南五山とはスリバチ状の地形で五ツの山の総称だという。
昔から有名な方の邸宅があったりして高級住宅地でもある。
山の手線の内側、目黒駅から品川駅界隈の地形にあるという。
五山とは、花房山、池田山、島津山、御殿山、八ッ山。
品川随一の大名屋敷、池田家の下屋敷、上皇后陛下のご実家正田家跡、
将軍家の鷹狩の跡の休憩場(品川御殿)、映画ゴジラがroman上陸した場所
八ツ橋などなど見どころがある場所だという。
坂道や階段なども多く年寄にはハードかもしれない。

ところでこの企画、東京スリバチ学会が協賛している。
窪地≠スリバチ状の地形を歩くと、歴史がみえてくるという。
その昔、高い場所には役人や身分の高い人が住み、
低地には町民が住み田畑を耕していた。
そのような窪地が随所にあるという。高台から下を見下ろす
低地から高台を見上げる。光景の面白さがたまらないという
ファンが増えているようだ。
たまたま、今回の企画が目黒から品川周辺の窪地だったということだ。
上から階段を見下ろした窪地の姿がスリバチ状だったことに命名。
そんな地形や場所が全国各地にあり、ロマンを求める人たちがいる。

ガイドがつくとまた違うが、個人でも行けるので、
コロナが終息したらでかけてみたいものだ。



.

宇都宮七水 健康ウオーキング

このところ健康ウオーキングを愉しんでいる。
前回は土地勘がなくわからないコースで苦戦した。
今回は、市の文化会館や図書館のあるコースである。

多少、知る施設もあるのでなんとなくコースが読めるので
独りで歩いた。ただ歩く、車で通るだけなら何でもないコースだが
歴史を感じながらとなるとつい地域の特徴を知ることに費やすのだが、
目的はポイントを獲得することだ。チエックポイントを通過すると
コース全体で五点加算される。
1ケ月後に迫った年間ポイントを一点でも多くとりたい。

今回もいろいろあり、最初のチエックポイントからつまずく。
火伏稲荷神社というポイントがどこを探してもわからない。
ほうきや塵取りを持っていたご婦人方に出会う。
ゴミステーションの清掃でもしていたのだろうか。
でも尋ねても知らないという。
一端メイン道路にもどり、再挑戦したら発見した。
先ほどご婦人方に尋ねた場所から、ものの一、二分だった。
火伏(ひぶせ)神社か稲荷神社かと聞いたのだが知らないという。
管理元は自治会で年一回、安全を祈願しているという。
灯台下暗しか、聞き方がまずかったのかな。

滝尾神社というポイントを探す。確かにマップではこの交差点近く。
たまたま高架橋があり上から眺めた。あった。
マツプには滝の権現とある。ポイント名は滝尾神社で違う?。
案内板をみる。滝の権現様と言われ宇都宮の七水の一つだという。
七水とは何ぞや。生まれも育ちも宇都宮だが知らない。
その昔、宇都宮には七ツの名水(湧き水)があったらしい。
今は道路の拡張や住宅地の開発でほとんど姿がなくなっている。
この滝の権現も石碑がたつのみで湧水のあとは見られない。
でも、宇都宮の七水を知ることができた。
よく初詣やお詣りに行く二荒山神社にもあった。その面影が
残る。宇都宮の中心は低くあちこち湧水があったようだ。
語られない歴史や風土や逸話など埋もれているものだ。
たまたまそういう場所をコースに組み込んで、地域地域で作っている。
市内には二十九コースあるという。
まだ三コースしか歩いていない。全コース走破はまだまだ先だな。
いつでも歩けるが、事務局が公開しないとポイントが付かないのだ。

期間限定のコースだけに、見逃してしまったり、予定があると
歩けなくなる。年間六コースくらい歩きたいものだ。












コロナ対応でジジババ参戦

コロナウイルス感染拡大防止で小中高が休校。
幼稚園も休園、保育園は開園している。
これまでも、何度か孫の預かりはあったのだが。

春休みまで休園となると、約一ケ月近く休園だ。
当然、ジジババもその対処に参戦することになる。
妻の務める学童保育は対象外で、先生たちの協力のもと
学童に入っていない子供たちの預かり計画を立ているようだ。
共働きが多い中、勤め先の配慮をと言いながらも
休んでいいよと一つ返事にいかないようだ。
ましてや、パートで務める方は、休めば給料が下がる。
生活補填はと新たな課題も次々にでる。
いきなり休校を要請し、あとはこれからやる、考えているでは
親たちも管轄する自治体も当惑する。乱暴な政治手法だと言わざるを得ないな。
例えこの先、ひとつひとつ課題が克服されたとしても
当初の不安を覚えた印象はぬぐい切れない。
国民感覚とのズレが大きいと言われても仕方がない。
国が示したことを具体的に既に実践している自治体もある。
なんで国策が後手後手なのだろうと思わざるを得ない。
いずれにしろ、この国難は早く終息しないといけないので
ジジババの手伝えることなど小さいが、やるっしかないか。

今後、感染者が少なくなり、終息がみえるように願うばかりだ。

国内旅行先マップ

先日、これまで出かけた海外旅行先のマップを整理した。
行先の国に好きな色を塗り、渡航年月、場所などを記入した。
定年過ぎてからの旅だが、結構、出かけているものだ。

そのマップの裏には国内の旅先マップもある。
海外と違い、結構若い時からとなると年月など思い出せない。
何歳頃とか子供の何歳頃かなという程度だ。
当時のことはよく憶えていないが、強烈に残る旅先もある。
夜中に大雨が降り、テントをそのままにして車で寝た桧枝岐。
天気が急変し川が氾濫すると警報でテントを引っ越した新潟。
初めての一人旅、無人駅から迎えに来られない。
ひたすら吹雪きの中を歩いた五能線コース、
新婚旅行の竹富島で泡盛を飲みすぎダウン。
伊勢志摩で特急電車が突然運行休止、鈍行で延々と乗り継ぎ
などなどそういうエピソードは限りない。
記憶をたどりながら旅先マップに記す。
時間もかかるが結構楽しいものだ。それでも、海外に比べると
感慨が小さい。いつでも行けるという思いがあるからかな。
でも、そろそろ国内へシフトしないと体力が持たない。

国内も移動を早くとなれば交通費は高くなるし、
食を愉しみたいなら宿泊費も高くなるし、
いくつも場所を巡りたいとなれば体力がいるしと
最適な旅になると条件が絞られるものだ。
最近、青春十八キップで旅するが、安いがこれまた体力が相当いる。
若い時の冒険はいいが、年寄の冒険は気力も体力も必要だ。

記憶に残る最近の旅先から塗り始めた。
その内、順次塗られるマップを見ながらそう言えばここも‥と
なることだろうな。