足利の山火事

足利の山火事延焼がおさまらない。
風も強く雨も降らず、もう一週間になる。
この近くには何度か足を運んでいる場所だ。

気にもんでいたら、今度は群馬県でも山火事という。
この時期は山火事が多いという。枯草や枯れ枝も多く
一端火がつくと広がる可能性が高いのだそうだ。
火元らしいところは両崖山の頂上らしく、気軽に登れる
ハイキングコースになっている。

山火事の原因の多くは, 焚火やタバコのポイステなど、人的に
よるものがおおいのだそうだ。
川べりや田圃のあぜ道など黒くなっている光景をよく見かける時期で
なんとなく焦げた臭いが漂い、春めく空気を感じるのだが。
燃え広がると手が付けられない。
あちらこちで枯草が燃え広がるニュースがよく聞かれる。
気をつけないといけないな。

小さい頃は、「野火」といって、よくみられた光景があった。
大人の手伝いをして、野火(野焼き)を楽しんでいたことが懐かしい。
今は環境が変わり、火の取扱いは相当な注意が必要だ。
この時期に野原や草原の害虫除去や新芽の育成などのため、
「火入れ」という作業が行われる。
渡良瀬遊水地の葦焼きもそのひとつで、山火事の現場からそう
離れていないところにある。
四季の風物詩としてみるのはいいが、チョットした不注意で
火事ともなれば大変なことになる。

まだまだ乾燥状態が続きそうで雨がほしい。
早く鎮火して欲しいものだ。






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント