ひじきの鉄分量は

ひじきと竹輪,大豆などの煮物はよくつくる。
安くて鉄分量が多いので食べていたのだが。
このほどその鉄分成分量が大幅に改定されたのだ。

ひじきは約八割以上が中国、韓国産という。
国産は長崎とかの九州四国がおおいのだそうだ。
昔は、鉄分の王様といわれていたが、このほど鉄分の成分表示が
大幅に改定された。ひと昔は百グラムあたり五十五ミリグラムだったが
今は、六ミリグラム程度。どうして。
どうもその製法にあったようだ。昔は鉄釜だったが今はステンレス釜が大半。
鉄釜で蒸し上げていたからひじきに鉄分が移ったのか。
先日、スーパーでそのひじきのパックを買った。
国産と表示されていたが、成分表示はなかった。
鉄分の王様の称号はなくなったが、カルシュームは牛乳の十二倍とか
食物繊維はゴボウの七倍とか、とにかくカロリー少なく栄養豊富な食品ではある。
ひじき漁は四月解禁ときく、これからが旬の食べ物だ。

煮物は卒業して、かき揚げとか玉子焼きなどにも挑戦しいたいものだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント